GENERAL PHARMACEUTICAL

2021.11.04

登録販売者試験を振り返る③

    Weblogくすりドラッグストアバイオ化学実験専門学校漢方生物登録販売者薬剤師調剤薬局
147
アバター
written by tcmyakugyo
    Weblogくすりドラッグストアバイオ化学実験専門学校漢方生物登録販売者薬剤師調剤薬局

こんにちは!

3回目の登録販売者試験を振り返るです。では早速始めましょう。

第1章7・8

問7ですが、正解は 3 ですね。誤った記述は a と d になります。

aの記述の誤りは、一般用医薬品による薬物依存は一度形成されても、容易に離脱できる。

⇒一般用医薬品による薬物依存であっても一度形成されると離脱するのは容易ではない。

dの記述の誤りは、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる購入者であっても、購入者の希望どおりに販売する必要がある。

⇒必要以上の大量購入や頻回購入などを試みる不審な購入者等には、積極的に事情を尋ねる、状況によっては販売を差し控えるといった対応を図ることが望ましい。

一般用医薬品での薬物依存は社会的な問題にもなっていますので、覚えておきましょう。

 

続いて問8ですが、正解は 1 ですね。誤った記述は c と d になります。

cの記述の誤りは、内服薬以外であれば、食品によって、医薬品の作用や代謝が影響を受ける可能性はない。

⇒内服薬以外の外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。

dの記述の誤りは、医薬品が吸収、分布又は排泄される過程で起こることはなく、

⇒医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こることがあります。

吸収、分布、代謝、排泄は第2章で詳しく学びます、そちらも合わせて参照しておきましょう!

 

さて、もうひと頑張りしましょう。

第1章9・10

問9の正解は、 5 です。誤った記述は、 a と b です。

aの記述の誤りは、小児が容易に手に取れる場所や小児の目につく場所とすることが適切である。

⇒小児が容易に手に取れる場所、小児の目につく場所に医薬品を置かないようにする。

bの記述の誤りは、幼児は5歳未満

⇒幼児は7歳未満

 

問10の正解は、 3 です。誤った記述は、 a と d です。

aの記述の誤りは、生理機能の衰えの度合いは個人差が小さいので、年齢から副作用のリスク増大の程度を判断できる

⇒生理機能の衰えの度合いは個人差が大きく、年齢のみから一概にどの程度リスクが増大しているかを判断することは難しい

dの記述の誤りは、75歳以上

⇒65歳以上

 

小児や高齢者に関わる出題は頻度が高いので、必ず押さえておくべきですね。

では、次回もお楽しみに!

 

    Weblogくすりドラッグストアバイオ化学実験専門学校漢方生物登録販売者薬剤師調剤薬局
アバター
written by tcmyakugyo
学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

湿布のあの匂い(笑)

2017.07.27

1491
    Weblog

舞浜のホテルに研修に行ってきました♪

2015.07.31

1308
    Weblog

内定速報! ドラッグストアで働きます

2016.06.22

1043
    Weblog

電車にゆられて約2時間~実習先訪問~

2015.08.18

983
    Weblog

FOLLOW US

INSTAGRAM