GENERAL PHARMACEUTICAL

2020.07.16

漢方を楽しく学ぶ その10

    Weblog
102
アバター
written by tcmyakugyo
    Weblog

こんにちは

今回も引き続き、「黄帝内経素問」について、読み進めていきましょう

神農本草 黄帝内経

今回は、生気通天論(せいきつうてんろん)です。

 

人間は自然の気を受けて生活しているが、季節の働きに合わせた生活をすることが大切である。

自然の働きは陰陽に分かれている。春夏や昼間は陽に属しており陽気が多い。秋冬や夜間は陰に属しており陰気が多い。

この自然の気の働きを人の体も受けるので、体にも陰陽の働きがある。

自然においては、陰と陽の時期が同じようにあるのと一緒で、体も陰陽の気のバランスを保とうとしている。

このバランスが崩れると病気になる。だから自然に調和した生活をすることが長生きの秘訣だ。

陽気が多い人は暑がりで、陰気が多い人は冷え性だ。

 

なるほど・・・と、思わせる内容ですね。

昼間は活発に活動し、夜はしっかりと休息をとるのが大事なんだということでしょうか

暑がりや冷え性も放っておくと病気に繋がってしまうのですね。

では、また次回もお楽しみに

 

    Weblog
アバター
written by tcmyakugyo
学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

舞浜のホテルに研修に行ってきました♪

2015.07.31

335
    Weblog

今、ニュースで話題のPCR検査って何?

2020.05.14

262
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その1

2020.04.30

249
    Weblog

湿布のあの匂い(笑)

2017.07.27

246
    Weblog

FOLLOW US

INSTAGRAM