GENERAL PHARMACEUTICAL

2018.12.13

生薬博物館 その34

    Weblog
99
アバター
written by tcmyakugyo
    Weblog

生薬博物館、34回目にご紹介するのはこちら

牽牛子

小学校の夏休みの宿題で、観察絵日記をやった方が多いと思います

学名をPharbitis nil、生薬名を「牽牛子」(けんごし)、植物名はアサガオの種です

遣唐使が薬として持ち帰ったという説があり、その当時は下剤(便秘薬)として利用されていたようです

その後、江戸時代には品種改良が進み、観賞用植物として知られるようになりました

寄生虫を下す作用もあるようで、中国では虫下しとしても利用されているそうです。

赤や青のキレイな花を咲かせるアサガオですが、もともとは薬だったなんて、驚きですね

次回もお楽しみに

    Weblog
アバター
written by tcmyakugyo
学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

舞浜のホテルに研修に行ってきました♪

2015.07.31

333
    Weblog

今、ニュースで話題のPCR検査って何?

2020.05.14

261
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その1

2020.04.30

248
    Weblog

湿布のあの匂い(笑)

2017.07.27

244
    Weblog

FOLLOW US

INSTAGRAM