GENERAL PHARMACEUTICAL

2018.09.26

生薬博物館 その23

    Weblog
63
アバター
written by tcmyakugyo
    Weblog

23回目の生薬博物館で、ご紹介するのはこちら

牡蛎

カキの貝殻で、学名をOstrea gigasと言い、生薬名は「牡蛎」(ボレイ)と言います

身の方は、これから冬に向けて、美味しい季節がやってきますが、生薬になるのは、貝殻の方です。

胃酸を中和する作用や、鎮静作用があると言われています。年末年始になると流されるCM(飲む前に飲む)でおなじみの胃腸薬にも含まれています

こんなものまで、薬になるんですね・・・

次回もお楽しみに

 

 

    Weblog
アバター
written by tcmyakugyo
学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

舞浜のホテルに研修に行ってきました♪

2015.07.31

286
    Weblog

今、ニュースで話題のPCR検査って何?

2020.05.14

250
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その1

2020.04.30

215
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その2

2020.05.07

191
    Weblog

FOLLOW US

INSTAGRAM