EMERGENCY MEDICAL TECHNICIAN

2020.05.13

在校生の#Stayhome  Part2

    スチューデントラリー
639
救急救命士科
written by 救急救命士科
    スチューデントラリー

こんにちは

救急救命士科です

先週に引き続き今週も

「在校生の #stayhome」

をご紹介します

今日の在校生は

2年生の駒形くんです

↓↓↓↓

 ———————————————————————

こんにちは

救急救命士科    2年の駒形です

今日は僕の#stayhomeをお届けしたいと思います。

駒形君①

救命士科では本来ならもう授業が始まっている時期ですが、

今は登校ができなので、自宅学習用の課題が出ています

そのため、在宅中は課題をしたり、

体づくりとリフレッシュを兼ねてトレーニングをしています

勉強ももちろんですが、体づくりは毎日欠かさず行ってます

駒形君④

また家にずっといるのではなくランニングやサイクリングを

しに行ったりしています

駒形君③

天気のいい日に走りに行くのは気持ちいいです

外に出るときは他の人との距離に注意してます。

日常生活でのソーシャルディスタンスは2mですが、

ウォーキングは6m

ランニングは10m

距離をとることが必要だそうです。

そのため、外を走る時はなるべく離れて走っています

もちろん外から帰ってきたら、

手洗いうがい消毒を念入りにしてます

早く学校が始まってみんなに会えることを楽しみにしています。

駒形君②

そのためにも今自分にできることを

精一杯やっていきたいと思います

 ——————————————————————————————-

在宅中に体力づくりを毎日欠かさず行っている駒形くん。

体を動かすことで免疫力も高まり、リフレッシュにもなる

一石二鳥ですね

自宅でできる免疫力を高めるトレーニングはたくさんあります!

◎スクワット(太もものエクササイズ)

①足幅は腰幅~肩幅くらいに開き、つま先は正面に

②お尻を後ろに引くようにして太ももが床と並行になるところを目指してしゃがむ動作

※この時、膝がつま先より極端に前に出すぎないように注意!

③足裏全体を使って床を押し上げ、お尻を上まで上げる

目安 回数:10回 セット数:2~3セット

筋トレ②

 

◎ステーショナリーランジ(太もも・お尻のエクササイズ)

①足幅は腰幅に開き、つま先正面

②片足を一歩前に出す

③膝を曲げて重心を下に下げる 後ろのかかとはしっかり上げる

※この時、前足の膝も後ろ足の膝も角度が

90度くらいになるように重心を落とすこと!

④前足のかかとで地面を押すように意識して、

重心を上に戻すように上がる

目安 回数:各足10回ずつ セット数:各2~3セット

筋トレ③

下半身の筋肉は血液の循環に大きく関係してくる筋肉の為、

下半身のトレーニングを行うことで、

血液の循環を良くし、体温UPで免疫力も高まります◎

Youtube等にもたくさんアップされているので

調べてみてください

※トレーニング直後は免疫力が一時的に低下するので、

ウイルスがたくさんありそうな場所(スーパー等)に行くことは避けてくださいね。

 

少しずつ気温も上がってきています

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、
今まで以上に体調管理に気をつけましょう
    スチューデントラリー
救急救命士科
written by 救急救命士科

東京医薬専門学校救急救命士科です!

学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

消防署体験

2018.06.12

1203
    日常の様子

ハイパーレスキューPART2

2019.07.15

1177
    スチューデントラリー

New! 救急救命士標準テキスト

2020.04.28

1120
    スチューデントラリー

警視庁特別救助隊

2013.10.17

982
    スチューデントラリー

FOLLOW US

INSTAGRAM