生薬博物館 その72

こんにちは

72回目の生薬博物館で、ご紹介するのは・・・

知母

学名 Anemarrhena asphodeloides 、植物名 ハナスゲ

生薬名 「知母」(チモ)です。

中国北部原産で、日本でも栽培されているようですが、生薬としての生産な無いようです

主な薬効としては、解熱、血糖の降下などといわれています。

漢方では、各種皮膚疾患、風邪による発熱、咳など幅広く使用されています

ユリ科の植物なので、きっときれいな花を咲かせるのかな・・・

では、次回もお楽しみに