生薬博物館 その57

57回目の生薬博物館で、ご紹介するのは・・・

現証拠

山野や道端に、よく見ることができる植物で、

学名 Geranium thunbergii

植物名・生薬名 「現証拠」(げんのしょうこ)です。

日本各地に自生しているそうで、紅色か白色の花を夏から秋にかけて咲かせます。特に花が咲く直前に収穫したものが、質が良いとされています

私は学生の頃に道端で見かけた覚えがありますが、もう何年も見てませんね

主に、整腸や下痢止めとして、日本では昔から利用されてきました。日本三大民間薬の1つです。

では、次回もお楽しみに