生薬博物館 その56

お久しぶりの生薬博物館。その56です

今回、ご紹介するのは

蟾酥

焼け焦げたハンバーグに見えてしまいますが、これも生薬です

生薬名「蟾酥」(センソ)です。動物性生薬の一つです。

基原動物の学名は、Bufo bufo gargarizans、          基原動物の和名は、シナヒキガエルです。

このシナヒキガエルの耳の上にある隆起した部分(耳腺)の分泌物を集めたもので、劇薬として扱われています

主に心臓の働きを改善する目的で、医薬品に使用されています。

学名が、ブフォブフォって、一度聞いたら忘れないですね

次回もお楽しみに