GENERAL PHARMACEUTICAL

2019.07.11

生薬博物館 その56

    Weblog
38
アバター
written by tcmyakugyo
    Weblog

お久しぶりの生薬博物館。その56です

今回、ご紹介するのは

蟾酥

焼け焦げたハンバーグに見えてしまいますが、これも生薬です

生薬名「蟾酥」(センソ)です。動物性生薬の一つです。

基原動物の学名は、Bufo bufo gargarizans、          基原動物の和名は、シナヒキガエルです。

このシナヒキガエルの耳の上にある隆起した部分(耳腺)の分泌物を集めたもので、劇薬として扱われています

主に心臓の働きを改善する目的で、医薬品に使用されています。

学名が、ブフォブフォって、一度聞いたら忘れないですね

次回もお楽しみに

 

 

 

 

    Weblog
アバター
written by tcmyakugyo
学科TOPに戻る

Recommend おすすめ記事

今、ニュースで話題のPCR検査って何?

2020.05.14

147
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その1

2020.04.30

85
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その3

2020.05.21

78
    Weblog

漢方を楽しく学ぶ その2

2020.05.07

74
    Weblog

FOLLOW US

INSTAGRAM