生薬博物館 その34

生薬博物館、34回目にご紹介するのはこちら

牽牛子

小学校の夏休みの宿題で、観察絵日記をやった方が多いと思います

学名をPharbitis nil、生薬名を「牽牛子」(けんごし)、植物名はアサガオの種です

遣唐使が薬として持ち帰ったという説があり、その当時は下剤(便秘薬)として利用されていたようです

その後、江戸時代には品種改良が進み、観賞用植物として知られるようになりました

寄生虫を下す作用もあるようで、中国では虫下しとしても利用されているそうです。

赤や青のキレイな花を咲かせるアサガオですが、もともとは薬だったなんて、驚きですね

次回もお楽しみに