生薬博物館 その27

27回目の生薬博物館もスパイスとして知られている、こちらです

小豆蔲

粉末上で売られているので、この果実の状態で見ることはめったにありませんが、生薬名を「小豆蔲」(ショウズク)、スパイス名はカルダモンです

ショウガ科の植物で、学名をElettaria cardamomumと言います

スパイスとして利用される他に、ヨーロッパでは古くから薬として利用されてきたそうです。また、利用するのはこの果実の中にある種子の部分です

独特な芳香があり、健胃薬(胃の働きをよくする薬)として漢方では使用されます。確かに食欲をそそる香りがしますよ

では、次回もお楽しみに

 

 

生薬博物館 その26

生薬博物館26回目で、ご紹介するのは「冬瓜子」(トウガシ)です

学名はBenincasa cerifera、植物名トウガンの種です。

冬瓜子

白い実の部分は、あっさりとした味で、煮物にしますね

冬の瓜という名前ですが、収穫されるのは夏だそうで・・・

漢方では、利尿(おしっこを出す)を目的に使用されています

では、次回もお楽しみに

 

生薬博物館 その25

25回目の生薬博物館で、ご紹介するのは

良姜

くねくねと曲がりくねった根のような感じがしますが、           学名をAlpinia officinarumと言う、ショウガ科の「良姜」(リョウキョウ)です

香りは、ショウガとコショウを合わせたようで、味は強い辛味があります。東南アジアではスパイスとして利用されています

漢方では、健胃薬として胃の調子を良くする目的で用いられています。年末年始になるとCMで、食べる前に飲むって宣伝している某漢方胃腸薬にも含まれています。

このブログをずっと見てくれている方は、お気づきかもしれませんが、スパイスが薬として利用されている例が多いと感じませんか

では、次回もお楽しみに

 

生薬博物館 その24

24回目の生薬博物館は、諸事情により更新が遅れてしまい、申し訳ありません

お詫びに、写真をいつもの2倍掲載いたします

人参

皆さんも、どこかで見たことがある「人参」(ニンジン)です

もう一枚

人参(曲参)

こちらも、「人参」(ニンジン)です。折れ曲がっていることから、「曲参」(キョクジン)と言われますが、同じものとして扱われます。

学名は、Panax ginsengです。野菜のにんじんは、セリ科ですが、薬になる人参は、ウコギ科で、全く種類が違います。

漢方では、滋養強壮、健胃整腸などに使用されていますし、ユ○ケルなどのドリンク剤や、栄養剤などにも使用されていますね。

このところ、天候も不順な日が多くて、体調を崩している人も多いのではないでしょうか。こんなときに、試してみるのもいいかもしれませんね

では、次回もお楽しみに