生薬博物館 その14

14回目の生薬博物館で紹介するのは、

学名をCoix lacryma-jobi var.mayuenという、ハトムギです

薏苡仁

コマーシャルでおなじみの、OO美茶にも入っているから、名前は聞いたことありますよね

生薬名を、薏苡仁(ヨクイニン)と言います。

滋養強壮、いぼとり、肌荒れに、効果があると言われています

食品としても流通しており、お茶、麺類、お菓子など多くの食品にも利用されているそうです。

では、次回もお楽しみに

 

 

生薬博物館 その13

13回目の生薬博物館で紹介するのは、

学名がArctium lappa、皆さんおなじみのゴボウの果実です

牛蒡子

根をキンピラやてんぷらで食べますが、果実って思いませんか。  初めて見たという人がほとんどでは

根を食用にするのは日本だけで、中国をはじめ海外では食べないそうです

この果実を漢方では、発汗、利尿作用を期待して用いています。   具体的には風邪薬や、のどの炎症に使われています

以外なものが、以外なことに・・・

次回もお楽しみに

 

 

生薬博物館 その12

今回の生薬博物館は、こちらです

茴香

学名は、Foeniculum vulgareといい、生薬名は「茴香」(ウイキョウ)といいます

カレーや中華料理でも使われるスパイスのフェンネルのことです。   香りが強く、消化を助ける、口臭を消すといった効果があるそうです

漢方薬にも、胃の働きを助ける目的で使用されています。

では、次回もお楽しみに

 

 

生薬博物館 その11

生薬博物館 その

今回は、こちらです

薄荷葉

学名は、Mentha arvensis var.piperascens といいます。

生薬名は、「薄荷」(ハッカ)です。細かく砕けてしまっているので、分かりにくいですが、ハッカの葉です

ペパーミントとしても知られていますね。ハーブティーとして飲んだことがある人もいるのでは

主な成分は、メントール。解熱作用や発汗作用、健胃作用を期待して漢方薬にも使用されています

では、次回もお楽しみに