生薬博物館 その1

先週開館した、くすり総合学科の生薬博物館

今回紹介する生薬は、これです

67CD0FEE-2549-464D-9552-2F0A02E16EEA

学名は、Cinnamomum cassia

漢方薬で使用される生薬としては、よく知られた生薬で葛根湯(かっこんとう)にも含まれています。

学名をよく見ると、シンナモム?、シナモム?・・・シナモン、     生薬名は桂皮(けいひ)といいます。

香辛料として料理やお菓子などに使われている、あれです。       私は京都のお土産の生やつ橋を思い浮かべます

生薬として使用される場合には、汗をかかせたり、熱を下げたり、痛みを止めたりと、大活躍しています。身近なものが薬になるんですね。

それでは、次回もお楽しみに