卒業生のフォローアップ研修

こんにちは。

先日行われた薬業科(現くすり総合学科)の卒業生を対象としたフォローアップ研修の様子をお伝えします。

第一回目は、三瓶先生の「医薬品と身体の仕組み研修会」です

前半は「痛み」をテーマに深く掘り下げた講義で、処方薬の使い方が変わってきている現状があり、一般用医薬品を販売する時にそれをどう応用するかという内容でした。

後半は骨粗しょう症の予防をどう行うか勉強しました。

160925-1

160925-2

「時間が過ぎるのがとても早く感じるほどの濃密さでした。インプットとアウトプットの繰り返しの心地よさがすごく懐かしかったです」

「学生時代にお世話になった先生の講義が聞けてうれしかったです。普段自分がとらえているのとは違う角度で、薬の使い方を学べました」

という意見がありました。

次回は11月27日(日)です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

学びたいことに合わせて実験!

こんにちは。

今週からくすり総合学科1年生は後期の授業が始まっています。
後期の前半は火曜日が実験の日です

くすり総合学科には大きく分けて研究職を目指す学生と販売職を目指す学生がいます。

身につけるべき知識・技術が違うため、後期から実験の授業は2つの教室に分かれて別々に行っています。

研究系は、培地と試薬の調製をしました。本格的な実験が始まる前の準備です。

160921-3

160921-4

販売系は、胃薬の効果を確認する実験です。一般の胃薬と漢方薬での違いを実験を通して学びました。

160921-1

それぞれの希望の仕事に合わせて学べると、モチベーションも上がりますね

 

宿泊研修 高尾に行ってきました!

こんにちは。

1年生が4学科合同で、2泊3日の宿泊研修に行ってきました。
クラスのみんなで助け合える関係作りや他学科との交流を通して自己理解を深めることが目的です。

屋外でのPAプログラム

160915-1

160915-2

160915-10

16091512

160915-11

学科対抗のスポーツ大会

160915-6

160915-9

160915-8

160915-7


自分たちで火をおこして食事作り

160915-4

160915-5


最後には、最初にチームで立てた目標を振り返り、今後に学んだことをどう活かすか話し合いました。

160915-13


10月のメディカルフェスティバルに向け、クラスで一致団結していきましょう!

フレー!フレー!

こんにちは。

9月11日に東京・千葉・神奈川・埼玉で、平成28年度登録販売者試験が行われます

受験する2年生・1年生のみんなへ、代表して2年生担任の小畠先生からメッセージをもらいました。

「受験票と鉛筆を持って会場に着いたら、試験は9割終わり
です。あと20%

160909

今までの勉強の成果が出せるよう、体調管理も気をつけて下さいね。

 

研修後教育

こんにちは。

今日は、外部研修の後の振り返り「研修後教育」を学校で行った時の様子をお伝えします。

一人ひとり実習の振り返りをした後に、お世話になった研修先の方へお礼状を書きました

そしてグループワークして発表です。 研修で学んだ内容や気づきを発表しました。聞いているクラスのメンバーや職員からは鋭い質問が

160901-3

160901-4

↑なぜか左の二人がそっくりな服装でした

 

また、「これから目指す分野の職種で、自分が身につける必要があると感じた知識・技術は何か」というテーマで文章を書いてもらったところ

「学校の授業が実際に現場につながっているとわかったので、しっかり身につけていきたい」

「協力して何かを成し遂げる力」

と、それぞれの仕事をする上での課題が見えたようでした。

現場研修が終わりました!

こんにちは。

1年生の現場研修が終わりました

ブログでは東大農学部ドラッグストア東大医学部での研修の様子をお伝えしました。

今日お伝えするのは、薬を造っている企業、秋山錠剤さんの研修です。

160901-2

秋山錠剤さんで働いている卒業生が、薬の製造過程について説明してくれました。

学生は受注から納品までの流れがイメージできたようです

 

別日に行われた「ココカラファイン」さんでの研修での一枚

160901-1

 

今日は外部研修の振り返りを行っており、その様子はまた後日お届けします。