東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

夏休み中の学生は・・・①

例年になく涼しい夏ですが・・いかがお過ごしでしょうか。

涼しいのはいいけれど、日照時間が少ないのも問題

お野菜も高くなるし、健康にもよくないらしい・・・

さて、学生はどうしているかといいますとね

こちらは学生プレスでがんばる学生達。

将来、医薬品業界を目指そうかな・・と思っている

高校生や社会人の方々に、学科の事や学校生活などについて

お話したり、体験授業のお手伝いをします。

IMG_0813校舎見学の時には、自分たちの実習室の説明をします。

1年生にとって生薬の説明はまだまだハードルが高いので

そこは2年生が入ってサポート

IMG_0827

体験授業では「サリチル酸メチルの合成」のお手伝い。

こちらも2年生が参加者さんに説明しているのを聞きながら覚えます

そして、研究開発を目指す2年生は、学内で卒業研究続行中

なんと、卒業生が指導しにきてくれていました

IMG_0819

これはミクロトームという機器

蝋で固めた組織をうすーくカットすることができます。

IMG_0820

その後にシワにならないようにして、スライドガラスに乗せます

これ、水中でスライドガラスにのせるんですが・・

卒業生はさすがに手早くキレイに作業を進めていました

先輩ってやっぱりすごいね!!

昔の方法でつくってみたよ

「漢方に強い薬業人を育てよう」という想いではじまった

この学校の、創設と同時に開講した「薬業科」の流れをくむ

「くすり総合学科」では「漢方」を学ぶ授業がたくさんあります

*沿革はこちら

image080901

この日は古典に登場する製法で漢方薬をつくりました!

image

つくったのは、これ。かすみ目に効果があるそうです

少し前に海外モデルさんのおススメで流行ったクコの実

これを十分に乾燥させます

何が大変って、この乾燥までの時間が文献ではわからないこと。

image05044

ミキサーでぶぃーんって粉末にします

image080902

ミキサーで粉末にした8つの生薬を乳鉢でよく混ぜて

そこにはちみつを加えて丸剤(丸い形の漢方薬)にします

image080903

今のような「くすり」がなかった昔には、このようにして

お薬がつくられていたことがわかります

ちなみに、現在もこのお薬あるんです!

ただ、製法や形状は変化しています

現在は、この生薬を煎じて顆粒のお薬として販売されています。

普段、私たちが使っている「くすり」は古くからあるわけではないので、

その歴史を知るって結構おもしろいです

万華鏡じゃないですよ(笑)

2年生の卒業研究も夏休みを前に様々な

データの調査に入っています

ラベルの数字は煎じる時間を指していて、

5分ごとに、その時点での葛根湯の糖度を計測するらしい。

IMG_0619

ところで、葛根湯の元になる「葛根」ってみたことがありますか?

1292

まるで、木の皮のように繊維が見えています

くすり総合学科では漢方薬の授業もたくさんあって、

実習室にはたくさんの種類の生薬を展示しています

結構おもしろいですよ!

IMG_0620

さて、元に戻って・・・

葛根湯の糖度測定はどのようにするか、というと

こういう機器を使います

四角い部分に液体を置いて、明るい方向を向いてのぞきます

IMG_0621

万華鏡をのぞいているみたいでしょ

のぞくと、どのように見えるか、気になりませんか?(笑)

真ん中にメモリがあって・・糖度の線が見えるんです。

みえた瞬間、ちょっとテンション上がります

 

湿布のあの匂い(笑)

転んで捻挫をしてしまったり・・・

筋肉痛がひどかったり・・・

何らかの炎症がおこって、湿布剤を使う時ってありますよね。

あの、独特のツーンっとした匂いが実習室に充満している

IMG_0626

なぜかっていうと・・・

オープンキャンパスの「くすりの成分を化学合成してみよう!」

でチャレンジする”サリチル酸メチル合成”をしているから

ある溶液と科学物質を混ぜ合わせていると、この匂いが

してくるわけなんです。画像ではお伝えできませんが

IMG_0629

混ぜ合わせた溶液を、この実験機器でろ過していくと

こんな風に白い粉体が残ります

IMG_0631

白い紙の上で撮影したので見にくいですね

で、これが「サリチル酸メチル」

この匂いが、湿布などでお馴染みのツーンとした匂いの大本です。

7月・8月のオープンキャンパスで体験できますよ

 

 

 

○色に色が変化します♪

くすり総合学科1年生の基礎実習今日は液体の変化を学びます。

キレイな赤色の液体。取り忘れたけどその前は紫だったんです。

image20713

朱に近い赤は「酸性」なんですって。

この液体を機械で攪拌しながら、試薬を加えていきます

ビーカー中の液体の色が目視で変化した瞬間に、

液体を試験管にサンプリングして加えた試薬の量、pHの値、

何色に変化したかを記録していきます。

image0713

ほら、紫になってきました!徐々に色が変わっていくので、

みんな、目をいっぱいに大きく開いて実験が進みます

image40713

ほら!青のような緑の色まできましたよ

image50713

最後には黄色液体になるそうな!

続きは7月30日(日)のオープンキャンパス

体験できますよ

 

家庭科の時間??

お昼時にお腹が空くようないい匂い♪

と思ったら、美味しそうなお料理ができていました

image07045

「いただきまーす!」しようかと思ったら、ストーップ

と言われてしまった残念(笑)

だって、これだって大事な卒業研究なんです!

このグループは普段学んでいる漢方を使った薬膳料理をつくって、

効果があるとされる成分が実際に料理に含まれているか、

という研究をしています

image1

たくさんの器具と試薬の登場

あっという間に研究モードに突入しました・・・

さっきまで美味しそうだったのになぁ

image07042

作った料理を液体化して、湯銭にかけます

あたためながら、試薬をつかって化学反応をみて

データを残していきます

image07044

ちなみにこちらはあまーい、イイ香りの木の実のジャム

美味しくて、栄養もあって、体に良いものなら

もっと嬉しいですね!

いつか、食べさせてもらえると嬉しいな・・・なーんて!

めざす分野を選択

6月19日から5日間、1年生の現場見学がありました

卒業生が活躍している大学や公的な研究所、そして

ドラックストアを運営する企業にご協力いただいて、秋以降に

学ぶ分野を決めるための見学です

06292

あーとっても真剣!!

現在、2年生がインターンでお世話になっている研究所では

現在おこなわれている研究について、学んだり、インターンを

している2年生から実際に何をしているか教えてもらったり、

実際に実験機器などでの作業も体験させていただきました

image

ドラックストアの企業では、業界の環境や、どういったニーズがあるか等

を教えていただき、自分たちでも今後の店舗を考える

グループワーク・発表などの機会をいただきました

06293

それぞれのグループで「未来の店舗」について考えをまとめて、

プレゼンテーションの準備を進めます

IMGP0139

学校の授業とは違い、実際に企業方の前で発表をする経験なんて

本当に貴重なこと

いただいた意見などしっかり覚えておこうね。

見学の後には今回学んだことをまとめます!

06291

まだまだ、悩むこともあるとは思いますが・・・

夏休みの時間もつかって、自分が進みたい分野を決めようね

「やってみる!」が大事です

くすり総合学科の2年生の卒業研究は目指す

分野によって内容が異なっています

卒業研究は何事もまずは「やってみる」ことが大切。

アイデアを出し合って、話し合って、やってみてを

繰り返してデータを出すことで、仮説を立証していきます

登録販売者や、調剤薬局の事務、製薬会社の営業職を

目指す学生は、医薬の特徴でもある「漢方」の学びを

ヒントに研究をしています。

image3

足湯でリラックスタイムではなくて・・・

薬湯の研究です。手前のpHメーターでpHを計測しながら

お湯の温度を均一に保ちつつ効果を調査しています

image1

こちらはカテキンの研究

そして、研究・開発を目指す学生は、学外の公的機関で学ぶ

学生と、校内で学ぶ学生に別れます。

学内で卒業研究に取り組む学生は、れぞれ研究のテーマを決め、

必要な技術を学びながら研究を進めています

image4

これは「包埋」という工程の最初。

組織の中の細胞を見やすくするための1つの工程です。

柔らかい組織もこの工程で固くなり、細胞を見やすくするために

薄く切ることができます

image2

薄く切って、着色するとこんな感じになります。

この状態で顕微鏡などを使って細胞の変化など

観察をしていきます

工程を間違えたり、サンプルを誤ったりすると結果に

大きく影響するので、慎重かつスピーディに正確に

1つ1つの工程をクリアすることが大切なんだそうです

みんな、がんばろーね

食べたくなるナル!?

1年生の基礎生物。

なんでフライドチキンがあるかって

IMG_01480614

これもちゃーんとした授業です

いつもはガッツリ食べちゃうけども・・今日は慎重に

なぜって?

お腹いっぱいになったら、その骨をつかって鶏の骨格を

再現するからです!!

IMG_014906142

食べ終わったら、骨をキレイにして

IMG_007606145

衣や筋をキレイにしていきます。

IMG_015006123

歯ブラシやピンセットを器用に使いこなして、キレイになったら

はいここからがメインです。

グループメンバーの骨をそれぞれ、図解をみながら

並べていくと・・・

IMG_008306146

こんな感じで骨格が見えてきます

順番を間違えたりすると骨格が歪になってきてしまうので、

互いに相談しながら並べます

単純に図解をみているわけではないので、記憶に残るね!

 

練習あるのみ (^-^)/

5月に活動がはじまった1年生の学生プレス

「くすり」の分野を目指してオープンキャンパスに

参加してくださる参加者さんに一番近い立場でイベントを

サポートしていますので、疑問・質問・不安どんどん聞いてくださいね

とはいえ、今は、2年生から体験授業のやり方などを教わっています。

この日は「実技特待生講座」の練習会が放課後に行われました!

image06082

化学の授業がまだはじまっていないので、器具の名前を

覚えたり、基本的な技術からお勉強

image06081

こちらは、お手本の2年生。

「しばらくやってないけど・・・意外と覚えてた!」そうな(笑)

image0608

「実技特待生講座」経験者はまだ操作がスムーズですね。

とはいえ、久しぶりなので1つ1つ思い出しながら、未経験者は

1つ1つに少し戸惑いながらも練習を終えました!

しっかり練習すれば、授業の予習復習になるのでがんばろうね!

2年生も卒業の時までしっかり引き継ぎましょう

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校