東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

漢方をメインに卒研してます!

研究・開発職を目指す学生だけが「卒業研究」に臨む

わけではないんです!

将来、ドラックストアや調剤薬局、製薬会社などでの

仕事を目指す学生も「卒業研究」にチャレンジしていますIMG_1337ということで、この日は「卒業研究」の中間発表がありました!

内容は研究・開発職を目指す学生とはだいぶ異なっていて、

今年は「漢方」に注目した研究が多いようです

各グループで次のような研究しています。IMG_1338”風邪のききはじめに”でお馴染みの「葛根湯」の調査

薬膳料理の提案image07041薬湯の効能についての調査

緑茶に含まれる「カテキン」の殺菌効果 

ここまで、グループで考えて、試行錯誤してきた実験と

その結果から見えてきたもの・ことを発表しますIMG_1336隣で見ていた様々な実験の結果はおもしろかった

みたいです。と同時に新たな疑問がうまれたり、

自分たちの研究の中でできていること、足りないこと、

必要なことも整理できたようですIMG_0388最終の発表まではもう少し時間があるので、

今回の気づきをいかして行きましょう!

 

 

 

職人技が光ります☆

2年生の医薬品分析

今日は皆さんも知っているあの風邪薬を分析しました

分析ってつくること以上に使う薬品も道具も多くて、

もちろん手順も細かい

IMG_1316

そしてとーっても難しいのは最終的には機械で

分析をおこなうので、ここまでの手順を正確に

できていないと、結果ですべてがわかってしまうのです

IMG_1317

少しでも手順に誤りがあったり、小さな作業を間違えてしまうと

本来とは違うデータしかでてきません

分析を教えてくださる先生は経験豊富なので・・

IMG_1315

その技術はまさに「職人技」

素早く的確で、無駄がない!!

学生達もその技術を盗もうと一生懸命です

IMG_1314

きっと最終的にはどれだけ経験するかってことなんだろうな・・

互いに次の作業を確認しながら分析をした結果は

きちんとデータがでていたそうです!よかった

基礎から応用へ

来年春にスタートするインターンに向けて

医薬品の研究・開発を目指す学生達の授業は

基礎から応用にどんどん進みます

ホワイトボードの内容はいつも呪文みたい・・・

IMG_1223

遺伝子工学実習では抽出の手順や技術をしっかり

身につけていくために、前回授業の復習もしつつ

技術を身につけていきます

中でもごくごくわずかな液体を計量するピペット操作は

みんな真剣で必死

遠心分離機を使うのも30秒、1分など数回にわけて

おこなっていくので、きちんと手順を追っていかないと

結果がずれてきてしまいます

IMG_1230

そういえば、卒業生が話していましたね、

「常に正確なデータを出していくことが

研究・開発には必要なんです」と

IMG_1227

実習室の中ではあちこちで、

「今、何回目?」

「次、何秒?」

「どこまで進んだ??」

なんて学生達が互いに確認しあって実験を進めていました

さて、今日の結果はどうでしたか?

卒研 中間発表!

2年生が春から取り組んできた卒業研究

こちらでも、1年生を対象に中間発表がありました。

image109262

この卒業研究、東京大学大学院の先端技術開発研究室で

特任教授を勤めている先生の指導の下におこなわれています

image20926

今回発表があったのはこの2つ

・メラノーマ(皮膚癌の一種)の研究

・潰瘍性大腸炎の研究

なんだかちょっと難しそう

1年生もまだまだ、基礎を固めているところなので、

ついていくだけでも必死だったようですが、先生の補足説明もあり

先輩たちがおこなっていることがすこぉしわかったみたい

がんばって、質問もできていました

image30926

2年生も少し緊張していましたが、1年生の質問に

一生懸命、返答していました

image10926

これまでは2年生だけでの研究が続いていたので、

1年生からの質問はきっと新鮮だったはず

これから、研究を進めないといけないこと、まとめる必要の

ある内容、プレゼンテーションの仕方などなど

やることはたくさんありますが・・・最後までがんばろうね!

2つのカリキュラムでスタート!

後期のスタートと同時に2つのカリキュラムで

1年生の授業が始まりました

医薬品の研究・開発など技術職を目指す学生は春に

はじまる大学や研究所でのインターンに向けた

カリキュラムが春まで続きます。

image2

クラスの半数は医薬品の販売や営業職を目指し、ドラックストアでの

実習がスタートしたので、実習室は前期に比べると広く感じます

この日はDNAの抽出

体験授業でも比較的取り組みやすい方法でDNAの抽出を

していますが、ピペットの使い方、検出の仕方は本当は

もっと細かいんです

image3

と、いうことで先生のデモンストレーションをしっかり見ながら

「技術」を身につけていきます

マイクロピペットの使い方だって前期よりは慎重に

細かく、そして難しくなっていきます

見なれない単語と単位??呪文のような

手順の解説がホワイトボードに並んでいました

image1

先生の手元を見て 結果を見て

「1回しかやらないよ~」と先生の注意を聞きつつ

image5

みんなの真剣!!! とっても楽しそう!

他学科とごちゃまぜ

他学科と合同の「ごちゃまぜ研修」が今年もありました!

将来、患者様やお客様と関わる仕事を目指す学生同士

1日かけて、他者との関係性作りを中心とした研修です

image0914

研修とはいえ、座学はつまらないので、体と頭を動かす

レクリエーションを実施します

いつものクラスメイトだけではなく、この日は7学科の1年生が

一堂に集結したので、ちょっと緊張しつつ

「はじめまして」の他学科のメンバーとグループを作ります。

image

まずは、いつもの仲間同士で

一緒に体を動かすことはほとんどないので、盛り上がりますね

IMG_0280

続いて、グループワーク。

協力して、知恵を絞って新聞紙をどこまで長くできるか、競います

IMG_0293

こちらは謎解きゲーム

わずかなヒントから、答えを連想していきます

すべてのプログラムが終わる頃には、学科を越えて

新しい「仲間」ができたよね!

さて、1年生も後半がスタート

生活リズムを整えてしっかり学ぼうね

 

 

ホテルのベル業務を体験!

毎年恒例1年生のホテル研修がありました

この研修では「サービス」のプロから体験を通じて

直接学ぶことのできる、貴重な経験です。

DSC_0555

会場は、学校近くにあるあの遊園地にあるホテルです。

午前中に「サービス」の大切なマインド

世界一とも称される遊園地のキャストさんの様々な

エピソードから学ぶ、人の心が動く時

それには、相手を想う「こころ」「気持ち」

目の前で起こったことに、自分ができることが何か

を考えることが大切・・などなど、どの仕事についても

大切なことを学びました

お昼を食べた後は・・・

DSCF2096

ベルのユニフォームを身にまとい

社員の方の指導で、実際の業務を体験します

DSCF2105

ふだんはお客さんの立場の学生も今日はスタッフ。

働くってどういうことか、人に対応するってどういうことか

なんとなくやっていたことも、意味や目的がわかれば、

行動も変わってくるものです

DSCF2131

ベル業務を経験した後は、現在ホテルで勤務

されている皆さんとフィードバックを兼ねてお話する

時間をいただきました

将来、ドラックストアや調剤薬局、製薬会社での就職を

目指す学生は、来週からいよいよ現場実習がスタートします。

この経験を実習に活かしていこうね!

 

みんな覚えてる???

くすり総合学科はすこーし早く夏休み終了

1年生・2年生が学校に戻ってきています。

卒業研究などでお休み中に会った学生もたくさんいますが・・

2年生は目下「登録販売者」資格試験に向けた集中講義に

とりくんでいるので、お邪魔せず(笑) 1年生から・・・

image20830

お休み前には・・・様々な溶液の吸光度ど計測したり

image50830

滴定の練習をしたり

していたんだけどな・・・覚えていますか??

先生が注意するようにお話してくださったこと

実習室の中で注意すること、実験の中で気をつけること

きっとたーくさんあったんだけど。

少しお休みをしていたら、ちょっと抜けてしまった様子

image10830

先生が今一度、注意して欲しいこと、考えて欲しいことを

学生にお話しているところにお邪魔した様子でした。

4月に入学した1年生も早いもので、クラスの約半分は

まもなく現場実習にいきます

みんな、がんばるんだよぉ

夏休みの学生は・・・②

くすり総合学科では留学生も一緒に学んでいます

この日は留学生対象のオープンキャンパスが

開催されました!

ということで、在校生の3人が通訳も含めお手伝い

してくれました

image40824

体験授業のサポート

先生の説明は日本語、留学生は中国語とベトナム語で

通訳をしてくれていました!耳が慣れなくて・・・不思議な感じ

となりの実験台で卒業研究をしていた2年生が

「わー!!グローバルゥ」って盛り上がっていました。

ちょっとは語学を勉強してはどうかね??(笑)→2年生。

image30824

これまでの授業でたくさん実験実習をしてきたので

注意点だってちゃんと説明してくれています。

image20824

こちらではアイシャドゥをつくりました!

文化が違うと合わせる色だって見たこともない感じになります

それがおもしろいな・・と思ってみていました。

image50824

普段使っている実習室の説明や授業の説明もなれたもの

3人が通訳してくれていたので、参加者さんも安心して

楽しんで下さっていたと思います!みんな、ありがとう

で、1年生は今日から後期スタートです!

 

夏休み中の学生は・・・①

例年になく涼しい夏ですが・・いかがお過ごしでしょうか。

涼しいのはいいけれど、日照時間が少ないのも問題

お野菜も高くなるし、健康にもよくないらしい・・・

さて、学生はどうしているかといいますとね

こちらは学生プレスでがんばる学生達。

将来、医薬品業界を目指そうかな・・と思っている

高校生や社会人の方々に、学科の事や学校生活などについて

お話したり、体験授業のお手伝いをします。

IMG_0813校舎見学の時には、自分たちの実習室の説明をします。

1年生にとって生薬の説明はまだまだハードルが高いので

そこは2年生が入ってサポート

IMG_0827

体験授業では「サリチル酸メチルの合成」のお手伝い。

こちらも2年生が参加者さんに説明しているのを聞きながら覚えます

そして、研究開発を目指す2年生は、学内で卒業研究続行中

なんと、卒業生が指導しにきてくれていました

IMG_0819

これはミクロトームという機器

蝋で固めた組織をうすーくカットすることができます。

IMG_0820

その後にシワにならないようにして、スライドガラスに乗せます

これ、水中でスライドガラスにのせるんですが・・

卒業生はさすがに手早くキレイに作業を進めていました

先輩ってやっぱりすごいね!!

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校