【2年制】プレカレッジを行いました!

こんにちは言語聴覚士科2年制です。
今回は在校生インタビューを1回お休みして、先日行われたプレカレッジの報告をしたいと思います
プレカレッジは入学予定者の方を対象に、事前に入学後のイメージを作ってもらい、入学準備も含め、よりスムーズに4月を迎えてもらうためのプログラムです

言語聴覚士科2年制では、11月、1月、2月、3月に実施します。

第1回目の今回は、ズバリ「在校生と話してみよう」です。

今回は入学予定者の為に4名の在校生が来てくれました

ちなみにプレカレッジは日曜日に実施。来てくれた学生は13日連続で学校に来ることに…。本当に感謝、感謝です。

ST3

はじめに全員で自己紹介です。それぞれの個性が出ましたね

名前+一言という条件で話してもらったのですが、本当に一言の方もいれば、しっかり「語って」くれた方もいました。

さすが言語聴覚士を目指す方々ですね。一気ににぎやかな雰囲気になりました。

在校生の自己紹介では、名前+4つの質問(1、STを目指したきっかけ 2、医薬を選んだ理由 3、今のやりがい 4、今の苦労話)をそれぞれ答えてもらいました。

ST1

少し空気が馴染んできたところでしたので、入学予定の皆さん興味津々で聞いてました

その後のフリートークは大盛り上がり。質問どはどんどん出るし、在校生も一生懸命に応えてくれて…真剣に聞いているかと思えば爆笑も。気付いたらあっという間の90分でした。

ST2

参加後アンケートでは「今後の参考になった」「不安が少し解消した」「4月から一緒に学ぶ仲間と交流が持てて良かった」と概ね満足してもらえました

参考になりましたでしょうか。次回はお休みしたインタビューの再開です。お楽しみに。

【第6回】2年制の学生に聞きました!

こんにちは言語聴覚士科2年制です。
在校生インタビューもついに6回目です。そろそろ今回のインタビュー連載も終盤に入ってきました

今回は学校生活編第3弾です言語聴覚士科2年制ってこんな感じかな、と思ってくれていれば幸いです。

ST2 2

今回のお題は、「教員について」です。言語聴覚士科には10名の教員が在籍しています。

週4~5日、1日6~8時間学校にいてくれて、授業だけでなく学校生活全般をサポートするのが教員の役割です

では、インタビューに答えてくれた学生はどのような感想を持っているのでしょうか。
(K・Iさん)
「気さくに声を掛けて下さったり、困ったことがあったときにはじっくり相談に乗って下さります。優しい先生方ばかりです」

(M・Iさん)
「担任の先生方から、学習面はもちろん、気持ちの面でもサポートして頂いております」

(T・Iさん)
「学生の質問に親身になって答えて下さいます。ご自身の体験談をお話して下さいます。とても楽しく勉強になります。ただ、生徒からお願いされたものを忘れてしまう事があるのにはがっかりしました…」

T・Iさん、ごめんなさい
でも、教員はみんな気さくに対応してくれています。質問があれば終電近くまで付き合ってくれることも…。教員はそれぞれ得意分野を持っているので、学生に合った(必要な)教員が対応してくれますよ。

st2

参考になりましたでしょうか。次回は1回インタビューをお休みして、先日行われたプレカレッジ(入学前授業)の様子をお届けします。お楽しみに。

【第5回】2年制の学生に聞きました!

こんにちは言語聴覚士科2年制です。
在校生インタビューも早くも5回目になりました。

学校生活編第2弾です 少しずつ学校のイメージ作りに役立ってくれれば…と願う今日この頃。
今回のお題は、「講師について」です

ST2①

前回は授業について掲載しましたが、そんな授業を支えるのはやはり講師の皆さまです。言語聴覚士として必要な様々な知識を享受してくれます
では、インタビューに答えてくれた学生は講師の先生にどのような感想を持っているのでしょうか。

(K・Iさん)
「難しい内容を、分かりやすく、面白く教えて下さります。質問に対しても、分かるまで丁寧に教えて下さります

(M・Iさん)
分かりやすい授業資料がありがたいです。時々具合の悪い友人の相談など、授業以外のところでもお世話になっています」

(T・Iさん)
学生の質問に親身になって答えて下さいます。ご自身の体験談をお話して下さいます。とても楽しく勉強になります」

前回も書きましたが、やはり授業自体は「大変」と思う部分はある中で、講師は少しでも理解してもらえるよう工夫してくれているのが感じられますね

基本的のどの先生も時間が許す限りとことん質問には答えてくれます。

学生にとっては心強い存在になってくれているようです。

実際に学校の見学や学科もことをもっと知りたいという方は

オープンキャンパスや平日夜間見学会にご参加ください

http://www.tcm.ac.jp/

参考になりましたでしょうか。次回は学校生活編最終回、そんな講師とともに学生の学校生活をサポートする「教員」について聞いてみました。

お楽しみに

【第4回】2年制の学生に聞きました!

こんにちは 言語聴覚士科2年制です。
在校生インタビューも4回目になりました。
今回から学校生活編です

やはり学校生活にどんな感想を持っているのか、気になるところですよね。今回のお題は、ズバリ「授業について」です。

ST1

毎日続く授業。国家試験合格を目指す上でも大事ですよね。
では、インタビューに答えてくれた学生はどのような感想を持っているのでしょうか。

(K・Iさん)
「夜間2年制なので、授業の密度が高く、大変な面もありますが、分からなかったことが分かるようになったときはとても嬉しいです」

(M・Iさん)
「臨床経験豊富な先生方に、現場に近い授業をしていただけます」

(T・Iさん)
「かなりハードです。まるでジェットコースターに乗ってしまったようです。しかし、脳の話が非常に興味深く、面白かったです」

ジェットコースター・・、それほど授業がある日々はめまぐるしく

過ぎているようです。

やはり皆さん「大変だ」と思う部分はあるようですね。特に2年制は過去の職歴は様々なので、大半の学生は医療系の勉強をするのが初めてになります。そんな中、みんな頑張ってますね

ただ、その一方で充実した内容の中で言語聴覚士のやりがいや楽しさを見つけているようです。これから言語聴覚士を目指す人にも心強いと思います。

ST2

実際に学校の見学や学科もことをもっと知りたいという方は

オープンキャンパスや平日夜間見学会にご参加ください

参考になりましたでしょうか。次回も学校生活編。
そんな授業を支える「講師」について聞いてみました。お楽しみに。

【第3回】2年制の学生に聞きました!

こんにちは言語聴覚士科2年制です。
在校生インタビューも3回目になりました。
ライフスタイル編、最終回です

今回のお題は、「休みの日は何をしている」です。
言語聴覚士科2年制は、平日の月曜から金曜夜間と

土曜日の日中に授業があります。そのため、休みはかなり貴重です

そんな貴重な休みを自分の大事な時間として過ごしている方が多いようです

ST2①

では、インタビューに答えてくれた学生はどのような感じでしょうか。

(K・Iさん)
「友人と食事に行ったり、好きなことをしたりして過ごしています。リフレッシュできるよう心掛けています」

(M・Iさん)
「その週の復習をしたり、友達と会ったりしています。先日は失語症友の会*に参加しました

*葛西で活動する失語症の方々の活動。言語聴覚士科は活動に参加したり、交流しています。

(T・Iさん)
「まずは体を休めています。あとはテストの準備と復習をしています(ほぼ1教科になってしまいますが…)」

友人と会ったり、体を休めるなど、心身ともにリフレッシュさせることを心掛けているようですね。

または勉強に充てたり、自身のスキルアップを目指して外部での活動に参加するケースもあるようです。

それぞれ無理をしない中で、少しでも出来ることをしようという姿勢が見えてきます。

ST2②

実際に学校の見学や学科もことをもっと知りたいという方は

オープンキャンパスや平日夜間見学会にご参加ください

http://www.tcm.ac.jp/

参考になりましたでしょうか。

 

次回からは学校生活編です。お楽しみに。

【第2回】 2年制の学生に聞きました!

こんにちは 言語聴覚士科2年制です。
前回に引き続き、在校生インタビューの内容をお伝えします
今回もライフスタイル編です。

今回のお題は、「平日昼間は何してる」。

言語聴覚士科2年制は、夜間部のため、平日は18時10分から授業です。

ST2①

ですので、それまでの時間は自由に過ごします

学生はそれぞれの時間の使い方があるようですよ

では、インタビューに答えてくれた学生はどのような感じでしょうか。
(K・Iさん)
「私はアルバイトをしていないので、家事をしたり授業の復習をしたりしています」

(M・Iさん)
「リハビリ病院でワークをしています。患者さんと触れ合う中で、実際の症例を見ることができるので、机上の勉強にも身が入ります」

(T・Iさん)
「介護の仕事をしています。7:30~16:30の時間帯でやってます」

後半の2人はワーク&スタディ制度(学校から紹介されたアルバイト収入で授業料の一部を分納する制度)を活用していました。学年全体でも半数以上がこの制度を活用しています

学費を稼ぐ目的もありますが、言語聴覚士が関わる現場でアルバイトが出来るので、就職後のイメージ作りにも繋がっているようです

ワーク&スタディを活用していない学生は、やはり勉強に時間を当てている方が多いですね。中には主婦の学生もいて、子どもとの貴重な時間を過ごすのに充てている方もいます。

参考になりましたでしょうか。

授業や学校を見学してみたくなったという方はぜひ平日の授業見学や週末のオープンキャンパスにお越しください。

http://www.tcm.ac.jp/eventlist/

それでは今回はこの辺で

次回もライフスタイル編続きます。お楽しみに

【第1回】 2年制の学生に聞きました!

こんにちは 言語聴覚士科2年制です。
今回、在校生に2年制での学生生活についてインタビューをしました
インタビューに協力してくれたのはK・Iさん(女性)、M・Iさん(女性)、T・Iさん(男性)の3名です。(ご協力ありがとうございました!)

DSC_0052_mini

少しずつですが、その内容をお伝えできればと思います

まずはライフスタイル編

今回のお題は、「通学について」

通学に掛ける時間は様々です。近隣に一人暮らししている学生もいればそれなりの時間を掛けて通っている学生もいます。
では、インタビューに答えてくれた学生はどのような感じでしょうか
(K・Iさん)
「通学時間は電車で30分ほどです。登校時は授業プリントを見たりして過ごし、下校時は友人と楽しくお喋りをしながら帰っています」
(M・Iさん)
「通学時間は片道2時間です。道中長いので、電車の中では基本的には勉強をしていますが、ワーク前は睡眠を取るようにしています」
(T・Iさん)
「1時間20分くらいです。電車の中では勉強しています。帰りの電車は復習の時間です!※ここが勝負!!暗記できるものは憶えきる気持ちで!」

DSC_0049_mini

三者三様ですね。平均だと1時間前後になります。電車の時間がある学生はそれぞれ学習に充てる傾向があるようです

参考になりましたでしょうか。次回もライフスタイル編続きます。

お楽しみに