スキンケア実習がはじまったよ☆

1年生の「スキンケア実習」がスタートしました

最初の授業は「攪拌」から。

化粧水は基礎実習でつくったので、これは乳液に繋がる実習。

image30630指定の試薬を計量してウォーターバスで温めながら、

固形のものは溶かして、液体のものは混ぜ合わせます

image10630成分が蒸発しないようにラップをかけています。

2つの液体を一定の温度でプラスチック棒を使って

手で混ぜ合わせていきます

見た目で液体の色が変わったり、混ぜていると粘度が

変わっていくのもわかりますが・・混ざっているかはどう見るか。

というと、こういう機器があるんです

image40630この顕微鏡をつかうと、画面に液体の中の物質の混ざり(攪拌)

具合がわかります

黒っぽい縁のは空気。その他のマルのようなものが均等な

大きさで、できるだけ小さいときちんと混ざっている、ということ。

手で混ぜているので、均等にすることには限界が

あるそうですが、早く終わろうとすると、空気がたくさん入って

いたり、マルの大きさがバラバラだったり・・・と違いがでてきます

image1時間がかかっても、ゆっくり丁寧にしてくとマルの大きさは

あるていど均等になっていきます

この攪拌の技術は乳液、クレンジング剤、シャンプー、リンスなど

様々な化粧品を「つくる」ためには必要なもの。

今日教わったポイントをしっかり覚えておきましょう