臨床工学技士科 授業紹介です

本日の授業は、「安定化電源回路を作ろう」です。

「安定化電源」というのは、文字通り、安定した電圧を供給すことができる電源回路という意味です。

 

臨床工学技士が扱う医療機器は、非常に精密な機械で、万が一にも故障というのは許されません。

そういった意味で、機器の回路は、こうした「安定化電源回路」で作られています。

 

この回路の構造をしっかり理解して、将来、信頼される臨床工学技士としてがんばってください。

 

本日の授業の、「コマシラバス」です。毎回の授業のポイントが、ここに記載されています。

 

 

実際の基盤に回路を組んでいます。ちょっと手が震える・・・・・

 

 

みんなでやる実習は、結構楽しいです。

 

 

回路図は、パソコンで確認します。ちょっと複雑ですね・・・

 

真剣なまなざし  目指せ、臨床工学技士