インフルエンザの診察料って?

こんにちは。

今日は医療事務に必要な点数の計算のお話です。

この冬も大流行だったインフルエンザ、検査や診察でいくらかかるのかを説明します。

190220

全ての医療行為には「点数」がついていて、1点を10円として計算します。みなさんが病院でお会計をする際には多くの場合、点数の合計に10をかけた金額の3割を窓口で支払っています。

(※医療の自己負担割合は年齢や所得によって異なりますが未就学児、70歳以上の方以外は3割の負担です)

 

では本題にはいります。

①初診料。診療所やクリニックでは通常282点です。

(未就学児、時間外や休日であるとそれぞれの点数が加算)

②鼻腔・咽頭拭い液採取 5点

綿棒等で鼻腔や咽頭をぬぐって検体を採取するものです

③インフルエンザの検査料 143点

④検査の判断料 144点

⑤院外処方箋料 68点

合計642点=6,420円⇒3割負担で1,930円となります。

(平成31年2月現在)

 

こんなふうに医療機関では計算をしています。