認知症サポーター講座と卒業研究

こんにちは。

今日は最新の医療秘書科2年生の授業の紹介をします

病院実習指導の授業

認知症の方への接し方を学びました。厚生労働省が推進している「認知症サポーター講座」の一環です。

江戸川区の認知症サポーターが2万人を超えるとのことで、江戸川区の方が取材に来て下さいました。インタビューを受けた学生はドキドキしたと思いますが、しっかり答えてくれました。

181023-5

181023-6

181023-7

181023-8

181023-4

卒業研究の授業

卒業研究の中間発表会が行われました。4グループに分かれ、研究を深めてきました。これから12月の発表会本番に向けて、アンケートの集計をして、結果をまとめていきます。

181023-1

181023-2

181023-3

 

 

内定報告3

こんにちは。

先週、内定をいただいた学生がいますのでご紹介します

20181011

医療秘書科のAさんです

Aさんは、高度循環器医療で有名な病院に内定しました。

Aさんからのメッセージ

履歴書の添削を担任の先生がして下さったり、面接練習は普段接することがない他の学科の先生がして下さいました。ほめてのばして下さったので面接練習に前向きに取り組むことができました。

就職までの間、資格試験に確実に合格できるよう頑張ります

 

 

内定報告2

こんにちは

今回のブログもうれしい内定のご報告です

今日紹介するのは医療事務科のTさんです。

内定報告2

4月からTさんは第一希望だった、自分の住んでいる場所から比較的近い総合病院で働くことになります。病院はたくさんあるため、医療事務のお仕事は「家の近所で働きたい」「おしゃれな地域で働きたい」などの希望が叶えやすいですね。

 

Tさんからのメッセージ

キャリアセンターの小松先生の面接指導を受けました。履歴書に記入した内容を覚えるのではなく、面接官の質問に対して一所懸命に自分なりの答えを出して答えるようにしました。

周りの友達がどんどん内定すると焦ってくるけれど、就職後のことを考え自分に合った病院を見つけていくことが大切だと思います。

 

Tさんはオープンキャンパスで学生プレスとして参加者のみなさんのご対応をしています。就職活動のことはもちろん、医療事務科のことや検定のことなどオープンキャンパスでぜひ聞いてみてくださいね