医療人としてのマインドって・・・?

こんにちわ。医療事務科担任の坂本です。

もうすぐ節分ですね背景も変えてみました

 

さてさて、医療事務科は残すところあと授業が7日

毎朝、点呼をとりながら、あと○回か・・・とちょっぴりサミシイ気分になっています

でも学生にとっては、学校生活の終わり=社会人生活のスタートなんですよね。

これからは医療人としての日々がスタートです。

というわけで、先日病棟クラークとして総合病院にて勤務をしていらした先生に

特別講義をしていただきました。

「医療事務って事務ですか、医療ですか?」という質問から

始まった授業。

まずは学生たちが自分の考えを書き出してみました。

医療事務っていうと「事務職で安定している」というきっかけで

希望する人が多いですよね。

でも働く場は医療現場。

医療人としてのマインドがやはり大切になってくるんです。

 

せっかくだからやりがいをもって長く働き続けたいですよね。

今回の特別講義がみんなの力になればいいなと思っています。