東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

世界のこと、日本のことを学びました

こんにちは。

今日は2月4日から行われた医療秘書科1年生の「国際性講座」の様子をお伝えします。

国際性講座の目的は「世界と日本のこと、違いを知ってできることを考える」「他国の来院者へのサービスを考えられるようになる」ことです。

1日目はJICAでグループワークをしたり、エスニック料理を食べました

0214-1

0214-2

0214-3

 

2日目は医療英語を学び、病院見学へ

病院では外国人患者の受入れ体制について説明をしていただきました。

0214-6

0214-5

0214-4

 

最終日は振り返りをして終了です。

1年生はちょうど今、病院実習に出ている頃です。みんながんばれ~

血圧測定や救急救命士科の学生による授業など

こんにちは。

今日は医療秘書科1年生と2年生の授業の様子をお伝えします。

まず、1年生からです。

190125-2

看護師の先生の授業で血圧測定を実際にやってみました。

今回の授業では、電子血圧計ではなく、レトロなタイプの血圧計を使いましたが、あまり見かけないこともあってかみんな真剣に聞いていました。

190125-1

続いて、他職種連携の授業では救急救命士科の学生から心肺蘇生の方法を学びました。

医療秘書科の男子学生が運ばれる人の役をやっているところです。

190125-4

「とっても楽しかった」と感想を言ってくれる学生がたくさんいました。

190125-3

こちらは2年生です。

医事コンピュータ技能検定準1級の成績優秀賞の表彰です。

合格だけでもすばらしいのに、成績優秀賞までいただくなんて、本当によく頑張りましたね。

 

おめでとう

検定の表彰&車椅子の授業

こんにちは。

今日は医療事務科と医療秘書科1年生の様子をお伝えいたします。

まずは医療事務科から

190117-1

190117-2

検定の合格者から選ばれる「成績優秀賞」に2名が選ばれました。

この賞は検定協会からいただけるもので、今回は11月に受検した医療秘書検定2級の成績優秀賞です。2名とも前回(6月)の検定でも表彰をされていており、とてもよく頑張りましたね。

クラスの中には医療秘書検定の準1級に合格し、医師事務作業補助者の資格を得た学生もいます 1年という限られた時間でここまでスキルアップできるのはすごいことです。

 

続いて、医療秘書科1年生の授業の紹介です。

看護師先生の授業の中で車椅子で校舎の外まで移動しました。一度やってみると、どんなところで注意が必要かわかりますね。

0119-3

 

卒業研究発表会

こんにちは。

今日は先日行われた、卒業研究発表会の様子をお伝えします。

東京医薬専門学校の卒業研究はグループに分かれて行います。今年度は葛西区民館を発表の場とし、実習先の病院からも業界の皆さまがお越しになりました。

卒研2

卒研1

卒研2 (2)

取り組んだのは「自動再診受付機」「 院内のBGM」

「外国人患者」「色の効果を活かした院内作り」というテーマです。

集合

 

終わった後はみんなで記念撮影をしました。

やるべきことをきちんとこなす、2年生のみんならしい発表でした。

 

大学病院内定と他職種連携の授業

こんにちは

今日はうれしいご報告です。

1207-1

学校から比較的近い大学病院に、2名が内定しました。2名とも第一志望の病院に決まり、とてもよい笑顔です ほんとうにおめでとう。

続いて、今週の他職種連携の授業のご紹介です。

1207-3

1207-2

麻痺や体に障害のある方の気持ちになってみるために、軍手をして折り紙を折ってみました。また、医療事務も車椅子を操作することがあるので、レクチャーを受けました。

1207-4

1204-5

臨床工学技士科の先生の授業では心臓ペースメーカーを見せてもらったり、手術室付きの医療事務の役割など話を聞きました。

来週も授業が楽しみです。

 

他職種連携の授業が再開しました

こんにちは。

3Q(3学期)にも他職種連携の授業があり、助産師・保健師・診療情報管理士・ソーシャルワーカーの先生などが担当して下さっていましたが、4Q(4学期)が始まり、またまた新しい先生の授業です

ST授業

言語聴覚士の先生が登場です。言語聴覚士は言葉によるコミュニケーションを専門としてリハビリを行う職種です。

先日の授業では、失語症の方や自閉症スペクトラムのお子さんの保護者に対応する時に、医療事務として気をつけることを教わりました。

次週は臨床工学技士の先生の授業です。

 

内定報告5 男子学生登場です!

こんにちは。

今日は医療事務科の内定報告です

201811222

左が今日ご紹介するSくん、真ん中は担任の河野先生、右はSさんです。Sさんも内定をいただいています

デュアル実習先の病院から内定をいただいたSくんに話を聞いてみました。

「学校では、授業での就職対策だけでなく、履歴書の作成、面接練習、身だしなみのチェックなど内定が決まるまでたくさんサポートをしてもらいました。先生のおかげでいただけた内定なので、学校の評判がよくなるように頑張ります

そんなふうに言ってもらうと恐縮してしまいます。

 

 

 

内定報告4

こんにちは

今日は医療秘書科の内定者を紹介します。

181109

千葉県内の病院に内定したTさんです。

「残りの学生生活をどんなふうに過ごしますか?」と聞いてみたところ、

「診療報酬請求事務能力認定試験をはじめ、これから受ける検定を全て取得できるよう頑張ります

という意気込みを話してくれました。

そう、今週末から検定が始まりますね。

みんな、就職活動も検定も、卒業研究もいろいろあるけれど頑張ろう

大学病院に内定!!

こんにちは。

今日は医療事務科の内定第一号だった3名をご紹介します

内定をいただいたのは夏の終わりの頃でしたがすっかり今は秋も深まってきました。その後も続々と、内定をいただく学生が出てきています。

181105

3名とも同じ大学病院に内定しました。同じクラスに同期になる人がいるって心強いですね

 

東京医薬では、後輩へのアドバイスとして自分の就職試験の報告をまとめます。

Mさん「緊張しないで頑張って下さい

Iさん「面接では笑顔で返答できるようにすることも大切です」

Wさん「日常で使っている言葉が面接では出やすいかもしれないので気をつけてください」

などアドバイスをくれました。

 

認知症サポーター講座と卒業研究

こんにちは。

今日は最新の医療秘書科2年生の授業の紹介をします

病院実習指導の授業

認知症の方への接し方を学びました。厚生労働省が推進している「認知症サポーター講座」の一環です。

江戸川区の認知症サポーターが2万人を超えるとのことで、江戸川区の方が取材に来て下さいました。インタビューを受けた学生はドキドキしたと思いますが、しっかり答えてくれました。

181023-5

181023-6

181023-7

181023-8

181023-4

卒業研究の授業

卒業研究の中間発表会が行われました。4グループに分かれ、研究を深めてきました。これから12月の発表会本番に向けて、アンケートの集計をして、結果をまとめていきます。

181023-1

181023-2

181023-3

 

 

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校