東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

大学病院内定と他職種連携の授業

こんにちは

今日はうれしいご報告です。

1207-1

学校から比較的近い大学病院に、2名が内定しました。2名とも第一志望の病院に決まり、とてもよい笑顔です ほんとうにおめでとう。

続いて、今週の他職種連携の授業のご紹介です。

1207-3

1207-2

麻痺や体に障害のある方の気持ちになってみるために、軍手をして折り紙を折ってみました。また、医療事務も車椅子を操作することがあるので、レクチャーを受けました。

1207-4

1204-5

臨床工学技士科の先生の授業では心臓ペースメーカーを見せてもらったり、手術室付きの医療事務の役割など話を聞きました。

来週も授業が楽しみです。

 

他職種連携の授業が再開しました

こんにちは。

3Q(3学期)にも他職種連携の授業があり、助産師・保健師・診療情報管理士・ソーシャルワーカーの先生などが担当して下さっていましたが、4Q(4学期)が始まり、またまた新しい先生の授業です

ST授業

言語聴覚士の先生が登場です。言語聴覚士は言葉によるコミュニケーションを専門としてリハビリを行う職種です。

先日の授業では、失語症の方や自閉症スペクトラムのお子さんの保護者に対応する時に、医療事務として気をつけることを教わりました。

次週は臨床工学技士の先生の授業です。

 

内定報告5 男子学生登場です!

こんにちは。

今日は医療事務科の内定報告です

201811222

左が今日ご紹介するSくん、真ん中は担任の河野先生、右はSさんです。Sさんも内定をいただいています

デュアル実習先の病院から内定をいただいたSくんに話を聞いてみました。

「学校では、授業での就職対策だけでなく、履歴書の作成、面接練習、身だしなみのチェックなど内定が決まるまでたくさんサポートをしてもらいました。先生のおかげでいただけた内定なので、学校の評判がよくなるように頑張ります

そんなふうに言ってもらうと恐縮してしまいます。

 

 

 

内定報告4

こんにちは

今日は医療秘書科の内定者を紹介します。

181109

千葉県内の病院に内定したTさんです。

「残りの学生生活をどんなふうに過ごしますか?」と聞いてみたところ、

「診療報酬請求事務能力認定試験をはじめ、これから受ける検定を全て取得できるよう頑張ります

という意気込みを話してくれました。

そう、今週末から検定が始まりますね。

みんな、就職活動も検定も、卒業研究もいろいろあるけれど頑張ろう

大学病院に内定!!

こんにちは。

今日は医療事務科の内定第一号だった3名をご紹介します

内定をいただいたのは夏の終わりの頃でしたがすっかり今は秋も深まってきました。その後も続々と、内定をいただく学生が出てきています。

181105

3名とも同じ大学病院に内定しました。同じクラスに同期になる人がいるって心強いですね

 

東京医薬では、後輩へのアドバイスとして自分の就職試験の報告をまとめます。

Mさん「緊張しないで頑張って下さい

Iさん「面接では笑顔で返答できるようにすることも大切です」

Wさん「日常で使っている言葉が面接では出やすいかもしれないので気をつけてください」

などアドバイスをくれました。

 

認知症サポーター講座と卒業研究

こんにちは。

今日は最新の医療秘書科2年生の授業の紹介をします

病院実習指導の授業

認知症の方への接し方を学びました。厚生労働省が推進している「認知症サポーター講座」の一環です。

江戸川区の認知症サポーターが2万人を超えるとのことで、江戸川区の方が取材に来て下さいました。インタビューを受けた学生はドキドキしたと思いますが、しっかり答えてくれました。

181023-5

181023-6

181023-7

181023-8

181023-4

卒業研究の授業

卒業研究の中間発表会が行われました。4グループに分かれ、研究を深めてきました。これから12月の発表会本番に向けて、アンケートの集計をして、結果をまとめていきます。

181023-1

181023-2

181023-3

 

 

内定報告3

こんにちは。

先週、内定をいただいた学生がいますのでご紹介します

20181011

医療秘書科のAさんです

Aさんは、高度循環器医療で有名な病院に内定しました。

Aさんからのメッセージ

履歴書の添削を担任の先生がして下さったり、面接練習は普段接することがない他の学科の先生がして下さいました。ほめてのばして下さったので面接練習に前向きに取り組むことができました。

就職までの間、資格試験に確実に合格できるよう頑張ります

 

 

内定報告2

こんにちは

今回のブログもうれしい内定のご報告です

今日紹介するのは医療事務科のTさんです。

内定報告2

4月からTさんは第一希望だった、自分の住んでいる場所から比較的近い総合病院で働くことになります。病院はたくさんあるため、医療事務のお仕事は「家の近所で働きたい」「おしゃれな地域で働きたい」などの希望が叶えやすいですね。

 

Tさんからのメッセージ

キャリアセンターの小松先生の面接指導を受けました。履歴書に記入した内容を覚えるのではなく、面接官の質問に対して一所懸命に自分なりの答えを出して答えるようにしました。

周りの友達がどんどん内定すると焦ってくるけれど、就職後のことを考え自分に合った病院を見つけていくことが大切だと思います。

 

Tさんはオープンキャンパスで学生プレスとして参加者のみなさんのご対応をしています。就職活動のことはもちろん、医療事務科のことや検定のことなどオープンキャンパスでぜひ聞いてみてくださいね

内定のご報告1

こんにちは。

医療秘書科・医療事務科では内定者が続々と出ています

まずは医療秘書科の内定者2名についてご報告します

 

内定学生

左:Nさん 大学病院に内定

右:Aさん 東日本を中心に総合病院やリハビリテーション施設、介護施設などを展開する医療法人グループに内定

二人にお話を聞いてみました。

学校で受けた就職サポートにはどんなものがありますか?

Nさん「履歴書を書くにあたり相談したり、面接練習をしてもらいました」

Aさん「先生にSPIの問題のコピーをもらったり、漢字や数学をワークでやったり、人体の勉強をしました」

どんな医療事務になりたいですか?

Nさん「チーム医療に貢献できる人になりたいです。今まで学んだことを大切に、現場でも努力して必要とされる人になりたいです」

Aさん「スタッフや患者様から頼られる人になりたいです」

 

 

二人ともおめでとうございます

また折を見て内定者を紹介していきます。

 

1泊2日の宿泊研修

こんにちは。

先週、医療秘書科の1年生が行ってきた宿泊研修を写真で振り返ります

一日目は高尾山で山登り。救急救命士科、歯科衛生士科の学生とグループになり登りました。

image2

image1

image3

image4

夕食はカレーを作って食べました。

image6

2日目は仲間と協力して取組むプロジェクトアドベンチャーを行いました。

image7

image8

image9

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校