東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

新資器材ぞくぞく。

先日告知しておりました新資器材「ZOLL Xシリーズ」という除細動器(電気ショック)が納品されました。

従来の機械より軽く、色々な機能が追加されています。IMG_1855導入に合わせ、取り扱い企業様に説明をしていただき、3年生から1年生へ、伝達が行われました。

IMG_1854 ブログ611 (3)1年生は、まだまだ何も知らないので、教える3年生も悪戦苦闘。 ブログ611 (2) ブログ611 (1)いろいろな方法を使いながら、一生懸命教えてくれました。 IMG_1857さらに、実習室のプロジェクターが高出力に更新されました。 IMG_1858今までのプロジェクターに比べ、明るく鮮明に出力できるので、より楽しい授業が出来そうです。

授業の様子 こっそり覗き見

 昨日、1年生の授業をこっそりドアの外から覗いてみました

 梅雨入りして、じめじめした雰囲気かと思ったら、めちゃめちゃ真剣なまなざしで、「なかの人」もビックリ

 まるで【やらせでは?】と思うほどの集中っぷり

 入学から夏休みまでの折り返し地点で、ダラダラしているかと思ったら、この学年に[なかだるみ]なんて学生は誰もいないようです。

 ※ガラス越しに撮っているので、白い光が入ってしまいましたIMG_1849

初の動画アップ

いまさらですが、ブログに動画がアップできることを知りませんでした

さっそく、先日の一年生の授業風景をお伝えします。

三角巾の訓練中ですが、かなりレベルに違いがあります。

クラスの中には、自分の三角巾を購入し、コツコツ練習している学生もいるようです。

上手な学生は、苦手な学生に教えてあげる、「学びあい」の考えが自然に身についているようです。

三角巾6/6

 

mv-img-main

すっかり上達

救急救命士科の1年生は、三角巾のトレーニング中。IMG_1784初めて扱う救急資器材に、最初は戸惑ってしまうところもありましたが、スゴイ集中力(?)でメキメキ上達。 IMG_1674始めの頃は、「何とかできているレベル」だったのが、より速く、よりキレイにを意識できるようになって来ました。 

IMG_1671 IMG_1785三角巾は、やればやるだけ上手くなります。 IMG_1786特に、この「頭部の被覆」はシンプルな中に三角巾の基本が詰まっているので、技術レベルがはっきり分かります。 IMG_1787 IMG_1781  IMG_1668

ニューデバイス登場!

新しい実習用品が到着しました。

バッグバルブマスク(通称 BVM)です。

従来品に比べると、少し小さいことと、手に通せるベルトが付いているので手の小さい人にも使いやすいです。

写真で実習しているのは両方とも女子の学生ですが、使いやすいようです。

6月にも新しい道具が納品される予定ですので、到着しだいお伝えします。

IMG_1604 IMG_1608北海道ほどではありませんが、東京も暑いです

3日連続の真夏日

皆様も、体調には十分お気をつけください。

実技特待生

今日は実技特待生講座(第4回)が行われました。

前回よりも参加者が増え、初めての方も、2回目以降の方も一生懸命練習していました。

この時期は、学生スタッフの1年生がデビューするタイミングです。

新メンバーの1年生には、早速心肺蘇生法のデモンストレーションをやってもらいました。

IMG_1176実技特待生希望の方が、めきめき上達しているので、1年生も油断していられませんよ。IMG_1172 IMG_1174一連の流れを練習している方には、蘇生シミュレーターで高得点を出す秘訣や、細かな注意点もお伝えしました。 IMG_1167次回の実技特待生講座は、6月9日です。

初めての方も、ぜひご参加ください。IMG_1170今日は暑い中のご参加ありがとうございました。

今月のボランティア

5月になり暖かくなってきたので、いろいろなイベントが開かれ、学生のボランティア参加も増えてきました。

5月19日は、イベントが重複し、一部の学生は【柴又100Kmウルトラマラソン】へ、別の学生は千葉県の病院で行われたイベントで救命処置の講習を担当しました。

ウルトラマラソンに参加した学生は、首の後ろや腕が真っ赤になっていました。IMG_1580 IMG_1581

病院での講習を担当した学生によると、昨年の倍以上の受講生が集まり、胸骨圧迫やAEDについての説明をしたそうです。IMG_1583

消防署見学 Part3

今回の消防署見学では、施設見学や消防車庫の見学以外に、現役消防職員の方と意見交換をさせていただく機会がありました。

5つのブースに別れ、それぞれ担当していただいた職員の方に話を聞いたり、質問したりしました。bu- (6)担当の方は、時間で交代していただけたので、18歳で入庁した方救急救命士を持っている方、女性消防官、現役救急隊員の方など、様々な方とお話しする機会をいただきました。 bu- (7)学生は、「学生のうちから取り組んだほうがいいことは何ですか?」「消防学校って大変ですか?」「1番大変だったことは何ですか?」など、普段中々聞けないことを質問し、いろいろとアドバイスをいただけました。

bu- (5) bu- (3) bu- (1) bu- (4)

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校