東京医薬専門学校

チームで一人支える医療。みんなであなたを支える学び。

夏のスペシャルイベント

東京医薬の夏イベントが暑い

8月23日は「模擬災害を体験」イベント

この日のイベントに参加していただくと、学校から飛び出し都内の消防署などを見学しに行きます。

その中で、今年4月に東京消防庁が1億3000万円かけて製造した「VR災害体験車」も見学できる予定です。VR

この車両は、各イベントで人気があり、中々見ることができない特殊な車両です。02

祝 合格第一号

祝合格8月の上旬ですが、救急救命士学科3年生から消防署への合格第一号が出ました

今年の消防職員採用試験のピークは、9月16日。

全国各地の消防署(本部)で採用試験が行われます。

早い消防署は、すでに採用試験が行われており、晴れて本日合格第一号が出ました。

他の仲間もがんばれ

応急手当普及員

 1年生は、2グループに分かれて応急手当普及員の資格を取りに行ってきました。

 応急手当普及員とは、消防による応急手当の普及のため救命講習を開催、または支援する資格です。普及員への認定は、各消防本部の消防長により行なわれ、公的資格の一つです。

 今回は、墨田区本所にある「東京消防庁 本所防災館」で受講させていただきました。東京スカイツリーのお膝元、ツリーが大きく見えました。IMG_9029

 コースは8時間×3日=24時間

 梅雨真っ只中に朝から夕方まで、びっちり学ばせていただきました。

 初日は、救急法や日本の救急の現状、指導方法などについて学び、翌日に備えて課題をもらいました。IMG_9028

 2日目は自分たちが講師となり、実際に指導する際の要領を展示し、指導員からフィードバックをもらいました。学生は、前日に自分たちで作成した指導プランに基づき、緊張しながらもみんなの前で発表しました。

 最終日は、朝から実技試験そして、搬送法や包帯法を学び、最後に筆記試験を行いました。

 さすがに、3日間体も頭もフル回転したので、最終日の記念撮影にも若干の疲れが見え   ました。IMG_9043IMG_9044

 今までは、習う立場でしたが、これからは伝え教える立場になって行きます。

 

 がんばれ一年生

東京国際消防・防災展

 約5年に1度開かれる「東京国際消防・防災展」に視察に行ってきました。 

 消防・救急関連の車両や資機材の展示。防災用品、非常食などの販売も行っていました。

 消防車好きにはたまらないコンセプトカーや最新車両、消防バイクなどの展示。

 東京消防庁に最近導入された「VR 防災体験車」なども展示されていました。

 

こちらは小型オフロード消防車

(かっこいぃ~

IMG_7374

最新機能を備えた消防車IMG_7379

消防二輪車も展示されていましたIMG_7383

東京消防庁からはスーパーアンビュランス第二消防方面本部 消防救助機動部隊特殊救急車)というハイパーレスキュー所属の車両も展示されていました。IMG_7384

一般市民に向けた救急講習も開かれていました。

IMG_7386

学校が休みの土日には、学生も見学に行ったようです。

100Kmマラソンボランティア

東京を出発し埼玉を通過し茨城まで、江戸川堤防を走り、また東京まで戻っていく「柴又100Kmマラソン」通称ウルトラマラソン

縁があって、この大会にも救急救命士学科2年生3名と教員1名がスタッフとして参加。De0W22uV4AANla3

前日から埼玉県に宿泊し、朝から救護所に集合。打ち合わせ、資機材の確認、GPSのセッティングを行い、いざコースへ

De0W5mDUwAAa85g De0W6qYUcAAZYhK De0W7TDUYAA2RIf

AEDや救急資機材を背負い、自転車でコースを周回

朝8時30分~17時30分まで晴天の屋外にいたので、ノーガードだった先生は腕と肩が真っ赤に

直接、体調不良者と接触することの出来る貴重な体験でした。

消防署体験

東京医薬専門学校から歩いていけるところにあるのが「東京消防庁 葛西消防署」

1年生は、ここで行われた消防署体験に参加させていただきました。

消防署内の見学や、消防車の説明、希望した学生は防火衣や空気呼吸器などを着装させてもらいました。IMG_8822

本物の防火服を着させてもらい、興奮の1年生。

ボンベも背負うと20Kg以上。

プロの消防職員は、この状態で階段やはしごを駆け上がり、要救助者の下へ向かいます。

IMG_8833 IMG_8848

プロの凄さを再認識できる体験になりました。

行徳フェスタ

東京医薬専門学校救急救命士学科の学びは学校の中だけではありません。

お隣、千葉県の行徳総合病院で行われた「行徳健康フェスタ」に2年生の有志が参加

胸骨圧迫などの一次救命処置の方法を、一般市民に伝えさせていただきました。

IMG_8880 IMG_8883

一次救命処置のブースには、お子様から年配の方まで幅広い年齢の方が参加いただけました。IMG_8887 IMG_8888 IMG_8892 IMG_8894

千葉県の公式キャラクター「ちーば君」も参加

SendTo

JPTEC本番

いよいよJPTEC講習の本番です。

学内でも事前訓練や、e-leaningで知識を習得し当日を迎えました。

患者役などのお手伝いは、全2年生がお手伝い。

2年生、3年生が1つの目標に向かって集中。

Dc9XlC1UQAMEs_S

講習中は、温かくも厳しい言葉をかけて頂きながら、事前訓練の成果を発揮していきます。

Dc9XlCxUQAAhJ7f

2日間に渡って全員が受験し、無事に全員合格しました

おめでとう。お疲れ様でした

2年生、ありがとう

JPTEC

 3年生はJPTECの資格取得講習を受けます。

 東京医薬専門学校の教員には、JPTECの資格者もいますので、今年も学校での開催です。

 学校で開催するので、前日には会場や資機材の準備をしておきます。Dc6BjBpXUAEP5D_

JPTECは、外傷(けが)に対する処置を学ぶコースなので、オートバイでの事故を想定し、ヘルメットなどの準備もしてあります。Dc6BjkcW0AE7eob

本番には、卒業生を中心とした消防署や病院で働いている現役の救急救命士や医師、看護師が指導に来てくれます。

放課後も・・・

制服が授与されると、学生の訓練熱もヒートアップ

今年の1年生は木曜日がオール実習デーなんですが、授業終了後も居残りで自主練習する学生がいました。

Dc00gOfUQAA3WQn

授業で教わった「一般市民向けBLS」の胸骨圧迫と人工呼吸を復習。

やっぱり、実習服で訓練すると、引き締まって見えますね。

チームで一人を支える医療。みんなであなたを支える学び。東京医薬専門学校