カテゴリー別アーカイブ: 実習

【Ⅱ部】新しい歯科材料を学ぶ

皆さんは歯医者さんでむし歯を治したことはありますか?

削って、詰めて、白いプラスチックを詰める。

こんな治療を経験した方も多いと思います。

このプラスチックは「レジン」と呼ばれる材料です。私たちの身の回りにもたくさんのレジン製品がありますが、歯科治療に使われるものも、人体に無害で、咬み合わせの圧力にも耐えられる強度を持ち、そして、ホンモノの歯のように見える審美性を高めるために、日々進化を遂げている材料の一つです。

Ⅱ部3年生は就職活動も真っ只中。

いよいよプロとして現場に立つんだ、という思いも沸いてきているでしょう。

ということで、診療補助論の最後を飾る実習は、このレジンを製造するメーカーさん2社をお招きしてのセミナーとしました。

IMG_5458

セミナーは本当に楽しそうです。

作り手側の開発苦労話や、会社のお話、製品の適切な使い方など、多くの学生が歯科医院勤務をしているⅡ部では、すぐに役立つ情報をたくさん得られる機会ですからね。

IMG_5460

こちらは臨床では大人気のボンディング材(接着剤)。 アルパカのCMでおなじみ、クラレ株式会社の歯科材料専門メーカー クラレノリタケデンタル株式会社様の製品です。

IMG_5476

こちらも現場では長い歴史を持つ接着剤、その名も『スーパーボンド』です。 様々な用途に応じてたくさんの種類が発売されています。

IMG_5477

材料の中には適正分量を計量しないと効果を発揮しないものや、発火性のあるものもありますから、しんちょーーーーーに、計量方法を練習します。

IMG_5479

用途によって様々なタイプの商品を展開していることもあります。

さて、その違いはどんなかんじなんだろう??? こんなお試し実験はセミナーじゃないと体験できませんからね。  この違いを臨床でも活かしましょう!!

IMG_5471

実習だけでなく、もちろん、知識のお勉強もね。

現場は常に新しい情報やモノで溢れかえっています。

少しでも新しいものを知って現場で活躍してほしいなぁと思っています。

ご協力くださった、クラレノリタケデンタル株式会社様、サンメディカル株式会社様、ありがとうございました。

さて、長かった歯科診療補助の実習もこれで終わり。 ホントによく頑張ったね!

現場でももちろん役立てて欲しいし、国家試験本番でも忘れないでね!!

【Ⅱ部】臨床実習、佳境です!!

おひな祭り、桜前線のニュース。ちょっとずつ春が近付いてきましたよ。

そしてそして。今週の日曜日は第25回歯科衛生士国家試験!!      1年後、1期生のみんなも受験だね。

そんな歯科衛生士科Ⅱ部は、1年生も2年生も臨床実習の真っ最中です。s-DSC_1667

学校とは違う環境、違う先生方からたくさんのことを教えていただいています。

2年生は臨床実習3回目。さすがにアシスタントワークもスムーズですし、実際に患者様への処置にも携わらせていただいています。

s-DSC_1656

これまで学内の実習でいっぱい練習してきたはずなのですが・・・   やはり実際は難しい… 緊張する… でも、患者様の喜ばれることをしたい… そんな思いが複雑に絡み合っての日々のようです。

私たち専任教員も実習先を巡回しながら現場での指導をしていますが、 しばらくぶりに会うみんなの成長した頼もしい姿に、結構感動してるんですよ。

さて、臨床実習日程も後半になりました。

Ⅱ部のみんな、頑張れ!!

【Ⅱ部】登院式

s-IMG_5069

2月2日。

今日はⅡ部1年生にとっては忘れられない一日になったことでしょう。

登院式は臨床実習を始めるにあたり、医療を学ぶ学生として、誠実にそして真摯に現場や患者様に向かいあいながら、学ぶことを誓う場です。

4352652

この1年実習を担当してくださった先生方より、キャンドルの日を分けていただき、看護職の象徴であるナースキャップを戴きました。

4352677

プロに一歩近付いた嬉しさと共に、凛とした表情が一人一人の決意の表れのようにも感じられます。

4352680

1年前に同じように式典を終えた2年生より「励ましの言葉」と、たくさんのメッセージカードを集めた『言葉の花束』をもらいます。

色々な方達からの励ましとお祝いの気持ちをもらって、さぁ、頑張ってきましょう。

43527174352707

いつでも同じ気持ちを共有できる仲間も一緒。

充実した実習でありますように!!

【Ⅱ部】ST×DH コラボレーション授業

s-IMG_4753

おやおや?

いつもの歯科衛生士科のユニフォームとは違う白衣姿の学生さんが。

今日は言語聴覚士科(ST科)夜間部の皆さんと合同の授業です。

歯科衛生士と言語聴覚士は共に「口腔」の専門家であるという点でお仲間です。

歯科衛生士は歯科疾患予防や口腔機能の健康を維持させるためのアプローチを行います。

言語聴覚士は「話す」「食べる、飲み込む」といった口が持つ役割が障害された時に、リハビリテーションを行います。

s-IMG_4700

まずは歯科衛生士科からのレクチャー。

むし歯や歯周病の発生、進行についてお話したり、

s-IMG_4699

個人の歯や口の状態に合わせた清掃方法を伝えていきます。

s-IMG_4697

そうそう。 今回レクチャーで使っている模型やプリントなどの資料は全部手作りです☆  これも実習の一環で、患者様にどうやって分かりやすく説明するか、のテクニック磨きです。

s-IMG_4752

今度は言語聴覚士科の学生からレクチャー。

物を飲み込むときって、喉の辺りはどんなふうに動いているのかしら?大きな模型を使って詳しく教えてもらいます。

s-IMG_4726

これは何をしてるか分かりますか?

飲み込むときに「ゴクン」と音がしますよね? その音を聴診器で聞いています。  この音がどのように聞こえるかで、飲み込みの機能が正常化どうかを判断するんですって。

s-IMG_4713

初めて聞く音に超ビックリ!!

 

歯科衛生士科と言語聴覚士科。

お互い夜間に学ぶ学生同士で、将来も口腔をお互いの専門領域にする職種です。

実際に現場でもこの二つの職種は連携が求められることの多い職種です。

似たもの同士の2学科のみんな。たまにはこんな授業も楽しかったよね? 知らないことをお互いに教えあって、知ってることはより深く共有しあう。 少し将来の活躍が見えたでしょうか。

来年は一緒に国家試験を目指す学年でもあります。

これからも一緒に頑張っていこう!!

s-IMG_4783

 

【Ⅰ部】 研ぎ研ぎー!!

皆さんこんにちは!

梅雨のジメジメ、体調崩していませんか??

さて、今日は私が担当している歯科予防処置、2年生の授業をご紹介しまーす!

歯科衛生士のお仕事の中に、スケーリングというのがあります!

つまり、歯石を取ることです!

その道具、手用スケーラーは入学時に1人1セット購入していただきます。

マネキン実習や友達同士の実習でたくさん使った2年生のスケーラーは、切れ味が悪くなりかけ。。

2015-0604-134411480


そこで、研ぐという実習をしました!

包丁も切れ味が悪くなると研ぎますよね?

講師は株式会社モリタの原さん。

グループ校の卒業生です!

2015-0604-131618003

「こんな感じ?」

「これで研げてる?」

2015-0604-134441611
楽しく講義を聞いてお勉強して、そして自分の道具のお手入れ開始!!

2015-0604-141359809

2015-0604-141209147

コレでまた、たくさん実習ができますねー!!

ますます上達しちゃうー!!

Ⅰ部の2年生は9月末から現場実習が始まります。

みんなの歯をキレイにしてあげられる素敵な衛生士さんになってね!

歯科衛生士科の渡邉でした!!

歯科診療室をイメージして

梅雨らしい雨が続いていますが、歯科衛生士科は前期の後半に突入。夏休みまであともう少し!!

歯科衛生士業務に関する実習は、いよいよ実技が中心になってきました。

s-IMG_3447

真新しいユニフォームに袖を通して、クラスメイト同士で色々な立場の役割を体験しながら、歯科診療室で仕事をすることをイメージしています。

s-IMG_3434

クラスメイトといっても、やっぱり他人の体に触るのはキンチョーの一瞬!!

『痛くない? 痛くない?! 大丈夫?!

『だいじょぶ、だいじょぶ!!

そんな声が実習室のあちこちから聞こえてきます。

s-IMG_3440

患者さんとして経験したことのあるバキューム(口の中に溜まった水の吸出し)も、自分がやってみると、これが意外とムズカシイ

相互実習はお互い様だもんね。 お互いに切磋琢磨して素敵な歯科衛生士になろう!!

s-3269929o

歯科診療補助論担当 辻谷でした。 See you

 

地域の歯科保健活動に参加しました

s-IMG_3361

6月は歯科医院は大忙しです。

6(ム)月4(シ)日にかけて、むし歯予防のためのイベントがたくさん行われます。

江戸川区でも、地域のお子さんたちを対象にした行事があります。

歯を強くする『フッ素』という成分を歯に塗る「フッ化物塗布事業」が毎年区内8箇所で実施されています。

東京医薬専門学校の歯科衛生士科は、江戸川区歯科医師会の先生方と一緒に、そのイベントに参加しています。

s-DSC_0969s-20150620_140610

当日は各会場とも、200人、300人という子どもさんたちがやってきます。

1年生は会場内の誘導を中心に。

s-20150620_134736

2年生は歯の大切さや歯みがき方法などの指導。

s-20150620_133307s-IMG_3420s-IMG_2646

歯科保健指導の授業で作ったかわいらしい媒体で、子どもたちに分かりやすく、楽しくお話をします。

s-IMG_2696s-IMG_3357

歯科医師会の先生方からは、地域で行う予防についておお話や実習もしていただきました!!

入学して間もない1年生も大活躍!!

1年間勉強を重ねてきた2年生は、学習成果の集大成!!

地域の皆様にその成果を見ていただく機会でもありました。

準備は大変だったし、子どもたちと接するのは緊張したけど、みんな言い笑顔!!

s-DSC_0990

お疲れ様でした!!

【Ⅰ部】 1年・2年合同実習(解剖学編)

前回のブログから授業の様子をお伝えしています。

今回はちょっと意外な科目、「解剖学」の実習の様子をお伝えしますよ。

解剖学を教えてくださるK先生は、2年生のみんなが大好きな先生です

画像や動画をたくさん使って、体の中の見えない部分をイメージしやすいような授業をされているんです。

今回は、「歯牙解剖学」の授業で、去年同じ勉強をした2年生と一緒に、模型作りにチャレンジ!!

IMG_3231

型材を練って~・・・IMG_3242

元になる歯の模型を埋め込んで~・・・IMG_3279

コレ、ものすごくやわらかい材料なので、みんなで協力して支えないと崩れちゃうんです!! IMG_3237

まぁ、こんな感じで固まるのを待ちますIMG_3283

先輩と一緒に勉強できると、教えてもらえることもいっぱいで楽しそうです!!IMG_3288

さて、模型作りはまだまだ続きます。

完成品はまた今度ご報告します

 

 

これぞ実学!!

ゴールデンウィークを終えて、1年生、2年生ともに授業が本格的になってきました。

先日は、1年生が実習室にある歯科用ユニット(歯科の診療台)の取り扱いを勉強していましたよ。

s-IMG_3218

東京医薬専門学校で使っているユニットは、『株式会社ヨシダ』というメーカーが作っている機械です。

今回は『株式会社ヨシダ』の方々をお招きして、直に取り扱いを学ぶというまたとないチャンスでした。

そして、企業に勤務する歯科衛生士さんも、レクチャーに来てくださって、いつも先生たちから学ぶ授業とは一味違った新鮮さがあったようですよ。

s-IMG_3225

s-IMG_3223

ちなみに、ヨシダ製のユニットは日本の歯科業界でシェア30%だそうなので、日本の歯科医院の3件に1件は使っていることになりますね。

このユニットが扱えるようになれば、どこの歯科医院に勤めても大丈夫そう!!

s-IMG_3226

ユニットは歯科診療には欠かせない機械ですが、これが結構細かいパーツでできた精密機械なんです。

歯科衛生士はこうした機械がいつも正常に動くように、手入れをすることも仕事の一つ。

もちろん、歯科衛生士自身もこの機械を使って処置をしますから、ちゃーんと動かせるように、操作方法を覚えておくことも大事ですね。

s-IMG_3228

s-IMG_3227

東京医薬専門学校では、実学教育を大切にしています。

もちろん、現場での臨床実習も大事。

でも、歯科医療には、直接医療行為に携わらなくてもかかわりを持っている方々がたくさんいて成り立っています。 そうした皆様から学ぶこともいっぱいあるんじゃないかな?

これからも、いろんな実学の場面をご紹介していきますね。

 

 

【Ⅱ部】 臨床実習、頑張ってます!!

Ⅱ部のみんなが臨床実習(歯科医療現場での実習)に出発して早くも10日が過ぎました。

先日、登校日で久しぶりの学校に来たみんな。

たった数日仲間と離れただけだったのに、

『お久しぶり~!!』

『元気だった~?』

と、そんな挨拶にあふれた教室でした。

 

登校日では1年の振り返りをして、自分の成長や自分自身を見つめる時間を設けました。

本当に1年間、色々なことがありましたね~

s-IMG_2725

実習ノートの添削もあります。

1日8時間、じっくりと現場で歯科衛生士の仕事を学ぶのですが、

思った以上にその仕事量の多いこと!!

1例、1例、見学したり携わったりしたケースをまとめる実習ノートを書くのも一苦労です。

でも、真剣に学んできた様子がしっかりと刻まれています。

s-IMG_2724

このノートは、将来の仕事でも役立つ内容になるでしょうし、

自分の成長と学びの証でもありますね。

Ⅱ部のみんな、頑張れ!!