連携教育『チーム歯科医療!』

こんにちは

歯科衛生士科Ⅰ部の渡邉です

今日は東京医薬ならではの授業をご紹介します

講師はこの方

DSC_3233

姉妹校である新東京歯科技工士学校

歯科技工士の君塚先生です

 

歯科技工士って職業を知っていますか

歯科の現場で一緒に働く仲間には『歯科技工士』がいます

皆さんのお口の中に入っているかもしれない【詰め物・被せ物】や【入れ歯】をつくるプロです

DSC_3241

↑ ↑ ↑ コレ、全部が歯科技工士さんの手作りなんですよ

患者様のお口の中は一人一人違うし、歯も一本一本違った形をしています

完全オリジナルのオーダーメイド

DSC_3239

歯科技工士さんがいなくなってしまったら、『むし歯で削った歯』や『歯周病で抜けてしまった歯』はそのままに・・・

困りますよね

DSC_3263

DSC_3251

↑ ↑ ↑ 歯をつくる工程の体験中(皆さん楽しく集中しています

 

歯科医師が治療のため【歯を削り型を採る】

歯科技工士が歯の機能回復のため【歯をつくる】

歯科衛生士が歯を長持ちさせるため【歯をまもる】

 

このように歯科に関わるプロが協力して、一人の患者様の診療を行うことを『チーム歯科医療』といいます

 

体験を通じて一緒に働く仲間の仕事を理解する

これが東京医薬の歯科衛生士科の授業です

DSC_3299

君塚先生、ありがとうございました

 

歯科衛生士として、他職種との連携をとっていくためには

まず【相手の仕事を知る】ということからですね

 

全ては患者様のために

そんなことを勉強する機会となりました