【Ⅱ部】自分の歯のレプリカ?!

久しぶりにⅡ部の実習の様子を覗いてみましょう。

このところ台風や雨の影響で休講になってしまったりして、久しぶりの実習です。

この前印象採得(いんしょうさいとく)した歯型に、石膏を流し込んで模型ができました。                                   専門用語ではカッコよく『スタディモデル』と呼びます。

s-画像

石膏を流しただけの模型はまだまだ不恰好です

DSC_9562

これをトリミングして、きれいな模型に仕上げるのですが、これが結構むずかしい

必要な場所と、不必要な場所を見分けたり、きれいな模型にするために決められた角度をつけたり・・・ 分度器なんて小学校以来?!    先生のお手本をモニターで確認しながら慎重にトリミングします。

DSC_9583DSC_9655DSC_9620

仕上げの最後は高速回転のモデルトリマーで、一気に削ります

DSC_9690

そして完成

s-画像

咬み合わせもばっちり確認できる自分の歯のレプリカです。

DSC_9591

今年の夏休みはこの模型を使って課題に取り組みます。         自分の歯の形や特徴を知り、ムシ歯や歯周病になりやすい部分を把握します。その上で、もし、この人が自分の担当する患者さんだったらどんな保健指導をするか・・・ そのシミュレーションをするんです。

勉強や実習も少しずつ実践的なもののになってきました。

忙しいⅡ部のみんなはこれで一休み。夏休みに突入です       9月までしっかりリフレッシュしてきてね

——————–

東京医薬専門学校は夏休み中は平日もオープンキャンパス開催中です!!                                   オープンキャンパスのお申し込みは こちら  よりできます。
学校公式Facebook もあります! イイね!を お願いしますね。