地域の公衆衛生に貢献

6月といえば、歯科医療業界は大忙しです

6月4日を『』にちなんで『歯の衛生週間』として     私たち歯科衛生士は歯の大切さやムシ歯予防についての       啓蒙活動に大忙しなんですよ

今回、歯科衛生士科のみんなは、江戸川区歯科医師会の先生方と  一緒に、江戸川区内の子供さんたちを対象とした『フッ化物塗布事業』に参加してきました。

s-IMG_1163

フッ化物とは、ムシ歯予防にとても効果のある薬です。

これを定期的に歯に塗ると、歯の質(結晶成分)を強くして、ムシ歯に対する耐久性が向上するんです。

s-IMG_1160

会場内の準備や歯科医師のサポートをします               学校では「歯科診療補助」という科目で勉強していることを実践!

s-IMG_1148

小児歯科で仕事をしているⅡ部の学生が大活躍!!          ちょっと怖くて泣いちゃった子にもさすがの対応!!

s-IMG_1134 s-IMG_1129

開始前にミーティング。 メーカーの方と一緒に器械の使い方を確認します。 みんな、すごく真剣!!

歯科衛生士はこうした処置を、歯科医院にいらっしゃる方だけでなく、 地域の方々を対象にしても行ったり、歯の健康を守るための情報を  伝えて活躍しています。

東京医薬専門学校の歯科衛生士科は、                  これからも地域の先生方と協力して、みなさんのお口の健康を守る活動を行っていきたいと思っています。                     そんな歯科衛生士科の授業や、活動の様子を是非見学しにいらしてくださいね!

——————–
オープンキャンパスのお申し込みは こちら  よりできます。
学校公式Facebook もあります! イイね!を お願いしますね。